リバプールは31日、アーセナルからMFアレックス・オクスレード・チェンバレン(24)を完全移籍で獲得した。クラブ公式サイトで伝えている。

 2011年8月にサウサンプトンからアーセナルに加入したチェンバレンは、ここまで公式戦197試合に出場し、20得点を記録。今シーズンで契約満了となるため、アーセン・ベンゲル監督も再三残留を明言してきたが、交渉は難航していた。

 チェンバレンは「リバプールとの契約は本当に嬉しく思っており、多くの人たちに大きな感謝を伝えたい」と語っている。またリバプールのユルゲン・クロップ監督は「アレックスがサインしてくれたことを本当に、本当に嬉しく思う。先日のアーセナルとの試合以来、彼の加入を待っていたんだ。だからこのニュースは素晴らしいね」と喜びを露わにした。

 リバプールは今夏の補強を順調に進め、ここまでにMFモハメド・サラー、FWドミニク・ソランケ、DFアンディ・ロバートソンの獲得に成功。チェルシーが獲得間近といわれていたチェンバレン争奪戦も、一転しリバプールが見事に制した形になった。


●欧州移籍情報2017-18

●プレミアリーグ2017-18特集