W杯出場を決めた日本代表【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 2-0 オーストラリア 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 31日に2018年ロシアW杯アジア最終予選が行われ、日本代表は埼玉スタジアム2002でオーストラリア代表と対戦。浅野拓磨などが得点を積み重ね、日本が2-0の勝利をおさめている。この結果、日本はグループ首位突破で6大会連続のW杯出場を決めた。

 勝ち点17でグループB首位に立つ日本は、勝ち点16の3位オーストラリアに勝利すれば6大会連続のW杯出場が決まる一戦。日本は宿敵・オーストラリアにW杯予選で未勝利だ。ここまでチームを支えてきた香川真司と本田圭佑はベンチスタートとなり、浅野拓磨や乾貴士、山口蛍などが先発出場を果たしている。

 試合開始して2分、コーナーキックから酒井宏樹がヘディングシュートを放つもゴール右に外れた。14分には乾貴士がシュートを放ったがゴール左に外れ先制点とはならない。16分には、左サイドの井手口陽介が送ったクロスボールに浅野拓磨が頭で合わせるもゴールポストに弾かれ得点にはならず。

 早い時間帯から積極的に攻撃を仕掛けチャンスを作り出す日本。すると42分、長友佑都のクロスにタイミング良くDF裏へ飛び出した浅野がフリーでシュートを放ちゴールを決めた。44分には酒井宏樹が出したパスに大迫勇也がダイレクトで合わすもボールはわずかにゴール右に逸れる。前半は日本が1-0とリードして折り返した。

 後半に入っても勢いが止まらない日本。62分には長友が遠くからループシュートを放つもGKマシュー・ライアンがキャッチした。77分には途中出場の原口元気が左サイドを突破し、ゴール前にパスを送ると井手口がシュートを放つ。決定的な場面だったがオーストラリアの守備陣に防がれた。それでも82分、井手口が自らゴール前に侵入し豪快なシュートを放って追加点を決めた。

 結局、リードを守りきった日本が2-0の勝利をおさめている。この結果、日本はグループ首位突破で6大会連続のW杯出場を決めた。日本は現地時間9月5日にアウェイでサウジアラビア代表と対戦する。

【得点者】
42分 1-0 浅野(日本)
82分 2-0 井手口(日本)

text by 編集部