9月18日(月)よりWOWOWプライムで放送スタート!/(C)2017「散歩する侵略者」スピンオフ プロジェクト パートナーズ

写真拡大

9月18日(月)よりWOWOWプライムで放送される「予兆 散歩する侵略者」の予告映像が解禁された。

【写真を見る】染谷&東出、人を生き埋めに!? 衝撃のシーン解禁/(C)2017「散歩する侵略者」スピンオフ プロジェクト パートナーズ

本ドラマは、9月9日(土)に公開される映画「散歩する侵略者」のアナザーストーリーを新たな設定、キャストでスピンオフとして製作。映画版とは一味違った、新たな侵略サスペンスとなっている。監督を務めるのは映画版と同じ黒沢清。2012年放送の「連続ドラマW 『贖罪』」以来5年ぶりにWOWOWのドラマを手掛ける。

また、脚本を黒沢と共に担当するのは映画「リング」シリーズで世界にJホラーブームを巻き起こした高橋洋。1998年公開の映画「蛇の道」以来、黒沢とタッグを組む。黒沢と高橋の作り出す恐怖と驚愕(きょうがく)の世界に足を踏み入れるのは、夏帆、染谷将太、東出昌大ら。

今回3分に渡る長尺の特別予告映像が解禁された。 冒頭から山際辰雄(染谷将太)の「もうすぐ世界が終るとしたらどうする?」と、究極の問いからスタートし、さらに、 本作の主人公、妻の悦子(夏帆)が「それはほんのちょっとした違和感から始まった」と、意味深なメッセージを送る。

映像は独特な色調に加え、悦子の周囲で起きる不可解な出来事をめぐる数々シーンが見る者にじわじわと恐怖を植え付け、 不安をさらに加速させるサスペンスフルな展開となっている。

また、新任外科医の真壁司郎 (東出昌大)が概念を奪う姿は、侵略者の恐ろしさを物語り、それは世界中で同時多発的に起きている事実であることも明らかにされている。

映像の後半、「私辰雄と二人でいい。二人だけでいいから助かりたいな」と悦子が辰雄に打ち明けるシーンでは夫婦の絆の深さが見てとれる。世界は終わりを迎えてしまうのか、本編への期待が高まる。