高畑充希主演の「過保護のカホコ」が8月30日の視聴熱デイリーランキングで首位を獲得!/(C)NTV

写真拡大

高畑充希が超過保護に育てられた大学生・カホコを演じる「過保護のカホコ」(毎週水曜夜10:00-11:00日本テレビ系)の第8話が8月30日に放送。同日の「視聴熱(※)」デイリーランキングで38364pt(ポイント)を獲得し、ドラマ部門第1位にランクインした。また、出演者の竹内涼真が23759ptを獲得し、人物部門第4位にランクインした。

【写真を見る】大号泣で絆が深まったカホコと初、「結婚させてください」と並んで頭をペコリ!/(C)NTV

前週、第7話でけんか別れしてしまい、その恋の行方に注目が集まっていたカホコ(高畑充希)と初(竹内涼真)。第8話では、カホコが偶然訪れた養護施設が初の育った場所だと分かり、施設の園長先生が預かっていた手紙を頼りに、カホコと初は一緒に初の母親に会いに行くことに。自分を捨てた母(高橋ひとみ)と対面し、「あなたに負けない素っ晴らしい家族を作りますから!」と気丈に伝えることができた初だったが、帰り道に「母親が出て行ってから、絶対泣かないって決めてたのに…」と言いながらも涙を流し、カホコが「泣いていいよ」と抱き締めると、カホコも驚くほど大号泣。

放送前、番組公式SNSや、竹内が自身のSNSで「#過保護のカホコ男泣き」のハッシュタグで盛り上げた通り、竹内が大号泣する姿に視聴者からは大反響。「もうカホコに会えないと思ったら怖くてたまんなくて、ずっと一人ぼっちかと思った」「もうどこにもいかないでくれよ。カホコがいないと自分が嫌になるんだよ。自分が生きてるこの世界も嫌になるんだよ」と泣きながら感情を爆発させる姿に、「可愛すぎか!」「初の落差がやばい」「私の胸でも泣いてくれ!」など、愛があふれる感想が相次いだ。

次週、9月6日(水)放送の第9話では、結婚の許しを請うカホコと初に対し、母・泉(黒木瞳)は本気で反対することを宣言。そんな中、体調が悪化した祖母・初代(三田佳子)が意識を失い、泉らは初代の治療方針をめぐって再び姉妹げんかを始めてしまう。

※SNSや独自調査を集計、今熱い番組・人物・コトバからテレビの流行に迫る新指標