バルセロナのテロ犯から考える ムスリムの若者がテロリストに”洗脳”される過程

写真拡大

 ヨーロッパでもっとも人気のある観光地のひとつバルセロナで、観光客ら15人が死亡、120人あまりが負傷するイスラーム過激派のテロが起きた。その後の捜査で、世界遺産サグラダ・ファミリア教会の爆破を計画していたこともわかり、世界じゅうに衝撃が広がっている。

 実行犯グループはモロッコ国籍などのムスリムの若い男性12人で、イスラーム原理主義のイマーム(指導者)に洗脳され、ガスボンベを使った爆弾を製造していたとされている。そのイマームが実験中の爆発事故で死亡したため、捜査の手が及ぶのを恐れ、観光客であふれる歩行者天国に車で突っ込む凶行に及んだのだ。

 19世紀末からモロッコは英仏独ヨーロッパ列強のアフリカ分割の舞台となり、1904年の英仏協商によってフランスが優越権を獲得した。こうした歴史的経緯もあって、モロッコではいまもフランス語が第二言語(準公用語)で、政治や教育、ビジネスの場で広く使われている。その一方でジブラルタル海峡を挟んでスペインとの関係も深く、現在も北端のセウタ、メリリャの2つの都市はスペイン領の飛び地だ。モロッコからスペインへの出稼ぎもごくふつうで、それがモロッコ国籍の多くの若者がスペイン国内に住んでいる理由だ。

 モロッコには、支配層のアラブ系と原住民であるベルベル系のひとたちがいる。両者の関係は敵対的とまではいえなくても良好とはいえず、ベルベル系のモロッコ人が、アラブ系スンニ派の原理主義者が率いるIS(イスラム国)に参加するとは考えにくいから、今回のテロの犯人も「アラブ系モロッコ人」なのだろう。

[参考記事]
●モロッコのベルベル人たちが日々直面する「支配」と「被支配」の構図

 ところで、こうしたムスリムの若者たちはどのようにしてテロリストへと“洗脳”されていくのだろうか。

原理主義は「論理的にかんぜんに正しい」から危険

 ドイツの心理学者・ソーシャルワーカーのアフマド・マンスールは、『アラー世代: イスラム過激派から若者たちを取り戻すために』(晶文社)で、ドイツに暮らす移民二世、三世の若者たちを「アラー世代」と名づけ、彼らがどのように過激なイスラームに取り込まれていくのかを詳細に述べている。

 世俗化したイスラーム解釈を拒絶し、ムハンマドとクルアーン(コーラン)の教えが忠実に実行された(とされる)初期イスラーム(サラフ)の時代に回帰すべきだと主張するのがサラフィズム(サラフィー主義)だ。

 アメリカのキリスト教宗派のなかで、進化論を否定し、中絶を認めず、同性愛を神への冒とくだとするのが「キリスト教原理主義」だとするならば、サラフィズムは「イスラーム原理主義」だ。聖典をもつすべての宗教には、世俗の権力や価値観の変化への妥協を拒み、“神の時代”に戻ろうとする純潔主義の一派があり、そのシンプルさによって信者のこころをつかみ、きわめて大きなちからをもっている。ユダヤ教においては超正統派とされるハシディズムがそうだし、仏教においても、かつてオウム真理教は「仏陀の時代のパーリ語の仏典にかえれ」という“仏教原理主義”によって優秀な若者たちを獲得していった。

 原理主義のほんとうの危険性は、それがきわめて賢い人間をも虜にすることだ。なぜなら、「神は存在する」という前提を受け入れてしまえば(「入信」とはそういうことだ)、神の言葉である聖典のとおりに生きるべきだ、というのは論理的にかんぜんに正しいのだから。

 こうした“純粋性”は、とりわけ若者に大きな影響を与える。じつはアラー世代の“脱洗脳”に取り組むマンスール自身が、かつてはイスラーム原理主義者だった。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)