@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

パーマーCEO 英国メイ首相と来日

アストン マーティンのアンディ・パーマーCEOが、英国のメイ首相とともに同国代表団の一員として来日した。

同社の将来の指針を示す「セカンド・センチュリープラン」に基づき、本国イギリスと日本の貿易取引および投資の総額を、今後5年間で最大5億ポンド(712億円)相当にすることを発表した。

アストン 日本での活動を拡大


この投資プログラムは、以下のような内容になっている。

1. 英国からの対日輸出は、新スポーツカーと同社初のSUV導入により4億ポンド以上の取引額を想定

2. 同社は、ブリヂストン、デンソー、三菱、矢崎総業といった日本のサプライヤーから、7000万ポンド以上の部品を購入

3. 日本にアストン マーティン「メタテクノロジー&ラグジュアリーアクセレレーター」オフィスを2018年に開設

4. 世界的なフラッグシップ店となる東京のブランドセンターと新アストン マーティン日本本社に投資

5. 日本全土を網羅するアストン マーティン正規ディーラーネットワークをさらに拡充

メイ首相は「EUからの離脱を準備するにあたり、友好国や同盟国との関係強化は非常に重要です。アストン マーティンは、英国が誇る世界有数の革新的な企業です。国外との貿易におけるこの非常に重要なミッションに、同社が参加することを大変嬉しく思っています。アストン マーティンによる5億ポンドの取引は、ゲイドン工場とセント・アサン新工場に直接的な利益をもたらし、既存の雇用を守り、将来の日本との取引の新たな可能性を開拓するものです」と述べた。

アストン本社直属オフィス 東京に開設

今回の発表に関してパーマーCEOは、次のように語っている。

「日本およびアジアのお客様のニーズを的確に把握し、アジアの富裕層の購買動向を探るため、英国本社直属となる “メタテクノロジー&ラグジュアリーアクセレレーター” オフィスを東京に開設します。この先進的な製品企画オフィスは、電気自動車やコネクテッドカーの分野における技術研究にくわえ、日本がラグジュアリー市場で行っている革新的手法や技術などを具体的に研究するために創設されます」

2020年までに 売上高2倍

「先週、わたくし共は上半期の業績を発表し、第3四半期連続で税引き前利益を計上したことを発表しました。業績の改善は、ニューモデルおよびスペシャルエディションの販売が好調なことを反映しています。セカンド・センチュリープランの下で企業を再生し、製品ラインナップの拡大を目指す当社にとって、日本は世界第2位の高級車市場として計画の鍵を握っています。アストン マーティンの製品は、日本のカスタマーや一般の方から長きにわたって愛され続けてきました。東京の新ディーラーは、世界最大の販売台数を誇っています」


セカンド・センチュリープランが完了する2020年までの間に、アストン マーティンは売上高を2倍以上に伸ばし、日本を販売台数の面で世界のトップ5に入る市場に成長させる予定だという。

アストン マーティンは現在、新型車DB11を含む、4つのスポーツカーラインナップを日本に導入。2019年後半には、第二の生産拠点となるウェールズのセント・アサン工場で、SUVモデルを生産する予定だ。