【先ヨミ】BLACKPINK、日本デビューALが現在首位 桑田佳祐『がらくた』は累計18万枚超

写真拡大

 今週のCDアルバム売上レポートから2017年8月28日〜8月30日までの集計が明らかとなり、BLACKPINKの『BLACKPINK』が28,717枚を売り上げて現在首位を走っている。

 『BLACKPINK』は、韓国のガールズ・グループBLACKPINKの日本デビュー・アルバム。ヒット曲「BOOMBAYAH」をはじめ、これまで発表した作品すべてが日本語バージョンで収録されている。韓国での人気を受け、デビューに先駆けた初来日公演を東京・日本武道館で開催したことでも高い注目を集めており、本作の初動3日間での売り上げは3万枚目前となっている。

 続く2位は韓国の男性グループ・超新星のメンバー、ユナク&ソンジェの2ndミニ・アルバム『2Re:M』。9月6日より全国6都市を巡るツアーの開催が控えていることから、本作のセールスが次週にかけて勢いを増す可能性もあり、週間結果で現在約8,000枚差の1位にどこまで迫ることができるかに注目だ。

 そして、桑田佳祐の『がらくた』がリリース2週目で17,993枚を売り上げ3位。発売以来の累計は186,674枚となっており、次週以降もコンスタントに売り上げを伸ばしていく可能性が高い。また、KICK THE CAN CREWの13年8か月ぶりとなる新作『KICK!』は12,528枚を売り上げ4位。TOP5ラストには、高見沢俊彦(THE ALFEE)のソロ・プロジェクトTakamiyの活動25周年を記念したベスト・アルバム『美旋律 〜Best Tune Takamiy〜』が入っている。


◎Billboard JAPANアルバムセールス集計速報
(2017年8月28日〜8月30日までの集計)
1位『BLACKPINK』BLACKPINK 28,717枚
2位『2Re:M』ユナク&ソンジェfrom超新星 20,749枚
3位『がらくた』桑田佳祐 17,993枚
4位『KICK!』KICK THE CAN CREW 12,528枚
5位『美旋律 〜Best Tune Takamiy〜』Takamiy 8,215枚
※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。