ついに日本代表戦、しかもW杯予選の大一番でも実況デビュー! “ルミ子節”はとどまるところを知らない。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大

 芸能界きってのサッカー通で知られる小柳ルミ子さんが、今度はラジオ実況・解説に挑戦した。ワールドカップ・アジア最終予選の日本対オーストラリア戦。ラジオの独占ライブ中継をした文化放送のブースに入り、またしてもルミ子節を炸裂させた。
 
 開口一番、「もう自分がピッチに立つわけじゃないのにすごい興奮! 興奮マックスです!」と語り、のっけからハイテンション。だが試合が始まると沈黙してしまい、「すいません、仕事忘れてました(笑)」という一幕も。
 
 それでも徐々にエンジンが温まると、「酒井宏樹はカードもらってるので気を付けてほしいですね。でもアップダウンがすごい」「やっぱり長谷部の姿を見れて嬉しいし、本当に頼もしい!」と前のめりになり、前半半ばには「このへんで決めたいですね。凌がれるとオーストラリアのチャンスになるので」と力を込めた。
 
 さらに、以下のようなコメントを残した。
 
「今日、浅野と乾が先発なのは意外でしたね」
「(本田や香川など)こういう選手たちがベンチにいるのがすごい。相手にとっては不気味だと思いますよ」
「乾にはバルサ戦の2得点のような期待をしちゃいますよね」
「(ポストを叩かれた場面で)今日はついてますよ!大丈夫!」
「(CKのところで)もう5本目だから決めてくれよぉ!」
「浅野の足は本当に武器ですねー」
 
 そして41分、浅野が決めた日本の先制シーンでは、「良いとこいるね浅野! でも1点入ったと思わずプレーを続けてほしい」と引き締めた。
 
 ハーフタイムには「後半も0-0のつもりでやってほしい」と念押し。試合は日本の1点リードで前半を折り返した。

【日本代表PHOTO】浅野、井手口のゴールでオーストラリア撃破、W杯出場決定!