ミャンマーの国境付近にあるバングラデシュ・ウキヤの難民キャンプで、支援品の食料に手を伸ばすロヒンギャ難民(2017年8月30日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ミャンマーでイスラム系少数民族ロヒンギャ(Rohingya)の武装集団と軍との衝突が再燃し、大勢のロヒンギャが隣国バングラデシュへと避難する中、バングラデシュの沿岸警備隊は31日、避難するために乗った船が転覆して水死したロヒンギャ17人の遺体を発見した。犠牲者の多くは子どもだったという。

 バングラデシュ当局によると、装備が不十分な粗末な船を使って、両国を隔てるナフ(Naf)川を渡って避難しようとするロヒンギャが増加している。

 また、匿名を条件に取材に応じた沿岸警備隊の関係者によると、避難者らは波の荒いバングラデシュ周辺の海域に適さない「粗末な川釣り用の船」で海を渡っているという。

 一方、バングラデシュの当局者らは、31日に2隻の船が転覆して少なくとも17人が死亡したと発表した。その多くが子どもだったという。

 生存者の一人はAFPに対し、ナフ川の河口付近で、大勢が乗り込んだ小さな船が高波にあおられたと話し、「海での航行の仕方を誰も知らなかった。高波で船が傾くと、皆パニックに陥った」と明かした。

 国際移住機関(IOM)は30日、バングラデシュと国境を接しているミャンマー北西部ラカイン(Rakhine)州で戦闘が発生して以降、6日間で少なくとも1万8500人のロヒンギャがバングラデシュ入りしていると発表していた。
【翻訳編集】AFPBB News