いつ起こるかわからない自然災害。だからこそ、身を守るための備えが大切です。「防災グッズや非常食の準備、家族の集合場所を話し合っておくなど、日頃から自然災害に備えることが重要です。ほかにも、身近な物を使った裏ワザを知っておくと、役立つ場面があるはずですよ」

こうアドバイスするのは、警視庁災害対策課の渋谷誠さん。災害対策課では、2013年1月からツイッターで災害時に役立つ、身近な物を使った裏ワザや防災に関する情報を発信しているそう。「ツイッターで発信している裏ワザは、災害対策課に所属する75名が自ら考えたものやネットの情報からヒントを得ています。家庭で実際に実験し、効果があると認められたものを紹介しているので、ぜひ参考にしてください」とコメント。

今回は、「懐中電灯の明かりだけでは不安」というときに頼れる裏ワザを、警視庁災害対策課に教えていただきました。


電池を消耗せずに懐中電灯の光を明るくする方法


裏ワザを実行するための材料は、家庭なら必ずと言っていいほどあるものだけ。手順も簡単で、子どもでもできます。[用意するものと手順]

・懐中電灯 1個
・水の入ったペットボトル 1本
・透明なコップ 1個


まずはコップに懐中電灯を入れます。コップは懐中電灯がすっぽり収まるサイズを選びましょう。また、懐中電灯の光が漏れるように、ガラス素材など、透明のコップを選びましょう。
懐中電灯の明かりをつけ、コップの上に、キャップを上にして、水の入ったペットボトルを置きます。たったこれだけで完成! では、早速その効果のほどを見てみましょう!●ペットボトルなしの場合


コップに懐中電灯を入れただけでは、光が天井の一点に集中してしまい、部屋は暗いまま。●ペットボトルありの場合


ペットボトルを乗せると、その効果は一目瞭然! 懐中電灯の光がペットボトルと水に反射することで、明るさがぐんとアップ! 部屋がぼんやりと明るくなりました。これなら、懐中電灯を持たなくてもいいので、両手を使えて便利! キャンプなど、夜間のレジャーにも活用できそうです。災害時に限らず、まずは実験感覚で試してみてはいかがでしょうか?

【監修/警視庁警備部災害対策課】
首都直下地震をはじめとする大規模災害対策や災害発生時の対応を行っている。ツイッター公式アカウント(@MPD₋bousai)では、身近なものを使った災害時に役立つ裏ワザなどを紹介。

<撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>