ワニに後ろ足をがっちりとかまれ、水の中に引きずり込まれそうになっているヌーが必死の抵抗を見せていたところ、2頭のカバが近づいてきてヌーをワニから救ったというムービーが公開されました。ムービーは公開から2日で63万回以上も再生され、話題となっています。

Hippos Come to Rescue Wildebeest from Crocodile - YouTube

ムービーはヌーの足がワニによって捉えられたところからスタート。



ヌーはワニをふりほどこうと懸命に動くも、足はがっちりとワニの歯に挟まれています。



群れとなったヌーたちは、ただただワニと仲間を見続けます。



力なく地面へと伏せるヌー。このまま水に引きずり込まれてしまうのか?と思いきや……



抵抗。



水の中に引きずりこまれても、なお抵抗を続けます。



絶体絶命の状況。



しかし、そこにやってきたのは2頭のカバ。



カバがヌーとワニの方向へと突進。



ワニの隙をついてヌーは逃れることができました。



陸地へと上がるヌー。ここまで来ればワニが追ってくることはありませんが……



ムービーからはヌーが足にケガを負ってしまったことが見て取れました。



なお、YouTubeのコメント欄では「カバはヌーを救おうとしたのではなく、ヌーがあと少し水の中にいたらカバに殺されていただろう」という見方もされていました。ムービーを公開しているKruger Sightingsによると、カバは縄張り意識が高く、ヌーがカバのテリトリーを侵略していると見なされ攻撃されていたという可能性も大いにあるそうです。