【中国 最新レポ】本場の「担々麺」は汁がないのが本物

写真拡大

中国の四川といえば、まずは四川料理、そしてとにかく“激辛”というイメージがあります。特に、辛い麺=「担々麺」というのが日本ではおなじみ。

その担々麺、四川でもちろん食べられます。が、日本と大きく違うのは、汁がほぼないことです。ホテルなどでオーダーした時、街なかで頼んでみた時に運ばれてきた担々麺を見て、まずは驚くかもしれません。

中国の成都が発祥という担々麺。伝統的には汁なしが基本です。茹でた麺に、調味料などを加えるだけのシンプルなもの。汁がない分、激辛さはグッと増すものの、四川の人々は辛さなど慣れたものなのか、平気でどんどん食べていきます。

では、日本ではなぜ汁ありになったのか。一説によると、ラー油の辛さが日本人には当初は不人気だったので、味をソフトにするために改良され、いつの間にか汁があるのが担々麺、となったようです。そして今の日本でも汁のない担々麺も見かけるようになりました。

しかし、本場の担々麺はやはり美味しい。麺に豚そぼろが入っていて、汁はそれほど入っておらず、ただかき混ぜて食べるだけなのに、美味しいです。日本のように決してまろやかでなく、口に入れた瞬間にピリッとした辛さすぐに伝わってくるのが絶妙です。ハマります。

(Written by AS)