<フジサンケイクラシック 初日◇31日◇富士桜カントリー倶楽部(7,566ヤード・パー71)>
国内男子ツアー「フジサンケイクラシック」の初日。全選手がこの日の競技を終え、岩田寛が武藤俊憲、イム・ソンジェ(韓国)と並ぶ3アンダー首位でフィニッシュ。今季初優勝に向けて好調な滑り出しとなった。
池田勇太、勝利の女神とニッコリ!土屋太鳳似の21歳美人キャディ
1打差4位タイに浅地洋佑、小斉平優和、2打差6位タイには前年覇者のチョ・ミンギュ(韓国)ら3人が続いている。賞金ランク2位の宮里優作はイーブンパー9位タイにつけ、64位タイでこの日を終えた同ランク首位のチャン・キム(韓国)とは4打差をつけて2日目に挑む。
先週の「RIZAP KBCオーガスタ」で今季初優勝を飾った池田勇太は、トータル2オーバー34位タイと出遅れる形で初日を終えた。
1位T:岩田寛(-3)
1位T:武藤俊憲(-3)
1位T:イム・ソンジェ(-3)
4位T:浅地洋佑(-2)
4位T:小斉平優和(-2)
6位T:チェ・ホソン(-1)
6位T:S・ハン(-1)
6位T:チョ・ミンギュ(-1)
9位T:伊藤有志(0)
9位T:藤田寛之(0)
9位T:宮里優作(0) 他
34位T:池田勇太(+2)
64位T:チャン・キム(+4)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

コマツオープン2017リーダーボード
石川遼、生き残りへ! ウェブドットコムツアー・ファイナルズ特集
「これから一気に頂点に行く」今季初Vの池田勇太 大好きな福岡で2年連続の賞金王獲りを宣言!
【WITB】岩田寛、聖地行きをつかんだ信頼のクラブセッティング
【バケモノたちの使用ギア】3日目よりも“最終日に強い”松山英樹、データはメジャー獲りを暗示