キスはふたりの恋の相性を占うための大切な“儀式”と言ってもいいかもしれません。情熱的なキス、心ときめくキスができる彼となら、その後の恋愛も大いに期待できそうな気がしませんか? それはもちろん彼のほうだって同じ。キス上手な彼女のことは絶対に手放したくないはずです。
では彼が喜ぶキスをするためには何をすればいいのでしょう? 実はキスしているときに、ただただ受け身なだけでは彼としては物足りなく感じるようです。キスをしながら積極的に手を動かしてボディタッチをされたりすると、彼としてはたまらなくうれしいみたい。では具体的にどんなボディパーツに触れてほしいのか、男性の声をリサーチしてみました。

髪: 「細い両腕を伸ばし、指で髪を触られるとたまらない!」

意外と多かったのが、女性の細い指で髪をクシャクシャにするように触られるのがたまらないという声。両腕で彼の頭を抱きかかえるようにして、髪に指を絡ませてみましょう。またその流れで、耳を触ったり、キスしたりするのも男性が喜びそうです。

胸: 「胸に手を当てられると気持ちいい。腕や首にキスされるのも好き」

男性にとって女性の胸は大きなセックスアピールパーツですが、女子だって男性の厚い胸板にはたくましさが感じられて心をギュッとわしづかみにされてしまいそうじゃありませんか? 彼女にそんな胸板を触られるととても快感で、気持ちいいのだとか。そのまま腕や首にもキスしたり、触れてみましょう。キスをしていても、手や指は積極的に動かして、彼の心を刺激するのがキス上手の鉄則です。

顔: 「頬やあごを優しく触られると、彼女へのいとおしさが倍増する!」

頬を優しく両手で包み込むようにされたり、ヒゲのあるあごに触れたり……。キスで接近している顔のパーツを触られるのが大好きという人もいます。敏感な顔に触れられることで、親密感がより一層増して彼女のことがいとおしく感じられるという声も。たしかに、大好きだからこそもっと近づきたい、触れたいという気持ちも強くなってきますよね。

背中: 「背中を撫でるようにマッサージされると、鳥肌が立つほどドキドキして快感です」

あまり大胆なことはできないというシャイな人は、彼の広い背中を大きくストロークする感じで撫でるようにマッサージしてみるとよいでしょう。セクシャルになり過ぎず、でも全身に心地よさが広がって彼の心をしっかりつかめるはずです。

お尻: 「キスしながらおしりを触ったり、ギュッとつかまれたりすると、もう全面降伏!」

羞恥心もプライドも投げ捨てて攻めていきたいなら、彼のお尻がポイント! 優しいジェントルタッチはもちろんのこと、ギュッとつかまれたりするとたまらないと言います。もちろんセクシャルな期待感もどんどん高まり、エッチな気分になっていくもの。フォアプレイとしても楽しめるオトナのボディタッチと言えるでしょう。

キスをしているとき、ただぼーっとして唇を合わせているだけではつまらないです! 積極的なボディタッチで“愛している”という気持ちを言葉より雄弁に伝えてみてはどうでしょう。そんなキスができる彼女に彼はますますのめり込んでいくはずです。