日本代表を率いる監督ハリルホジッチ

写真拡大

8月31日今夜、大一番を迎えるサッカー日本代表SAMURAI BLUE。
W杯ロシア大会アジア最終予選、宿敵オーストラリアとの一戦に臨むスターティングメンバー11名が発表された。
日本はこの試合勝てばW杯出場が決まるが、オーストラリアにはW杯予選で未だ白星なし(1969年からW杯予選に限ると2敗4分)。引き分け以下ならサウジアラビアとの最終戦にW杯出場の行方は持ち越され、W杯自動出場圏である2位以内から転落する可能性もある。

先発メンバーでは、約1年10ヶ月ぶりに代表復帰となったリーガ1部ヘタフェ所属の柴崎岳が噂通りに先発入りを果たした。スペインで一皮剥けた姿に期待が高まる。
また、エイバル所属の乾貴士はベンチスタートとなったが、途中出場で流れを変える役を担うのだろうか。

ホームで勝ってW杯出場を決めたい日本代表対オーストラリアの一戦は19:35キックオフ。

■GK
1 川島永嗣(メッス)

■DF
22 吉田麻也(サウサンプトン)
3 昌子源(鹿島)
5 長友佑都(インテル)
19 酒井宏樹(マルセイユ)

■MF
17 長谷部誠(フランクフルト)
2 井手口陽介(G大阪)
16 山口蛍(C大阪)

■FW
14 乾貴士(エイバル)
18 浅野拓磨(シュツットガルト)
15 大迫勇也(ケルン)

■ベンチ入り
12 東口順昭(G大阪)
23 中村航輔(柏)
6 三浦弦太(G大阪)
20 槙野智章(浦和)
21 酒井高徳(ハンブルガーSV)
10 香川真司(ドルトムント)
7 柴崎岳(ヘタフェ)
13 小林祐希(ヘーレンフェイン)
8 原口元気(ヘルタ)
4 本田圭佑(パチューカ)
9 岡崎慎司(レスター)
11 久保裕也(ヘント)