金慶喜氏=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の叔母、金慶喜(キム・ギョンヒ)氏が平壌近郊で療養中であることが分かった。韓国の情報機関、国家情報院がこのほど国会情報委員会の全体会議で報告した。複数の出席議員が31日、聯合ニュースの取材に対し明らかにした。

 慶喜氏は故金正日(キム・ジョンイル)総書記の実妹。糖尿病やアルコール依存症など持病による問題を抱えているという。

 故金日成(キム・イルソン)主席の直系の「白頭血統」である慶喜氏は、金正日政権の中核として活動し、金正恩政権発足後は正恩氏の後見役を務めた。

 しかし、2013年12月に夫の張成沢(チャン・ソンテク)元国防副委員長が処刑されてからは公の場に姿を見せなくなり、党書記や最高人民会議代議員(国会議員に相当)など全ての職を退いた。

 そのため、これまで毒殺説や粛清説などが流れたほか、持病が悪化し危篤状態にあると報じられたこともあった。