洋高邦低が続く2017年の映画興行だが、前週初登場1位の『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』に続いて、今週も実写日本映画が初登場1位を飾った。東宝、アスミック・エースの共同配給作品『関ヶ原』の土日2日間の動員は31万2400人、興収3億9600万円。この成績は、今年の実写日本映画の初週週末成績としては『銀魂』『忍びの国』『相棒 劇場版IV』に次いで4番目に高い数字となる。いずれにせよ、昨年の『シン・ゴジラ』のように突出したヒット作が出ていないのが、今年の実写日本映画の傾向である。

ランキングはこちら

 アメリカ国内だけで興収4億ドル超え、世界興収では8億ドル超え、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』をはるかに超えてDCエクステンデッド・ユニバース最高記録を更新するだけでなく、2002年のサム・ライミ版『スパイダーマン』をも上回り、アメコミ・ヒーロー作品1作目としての史上最高を既に打ち立てている『ワンダーウーマン』。当然、日本での興行でも大きな期待が寄せられていたが、土日2日間の動員は18万2000人、興収は2億6700万円で初登場3位。全国596スクリーン(ちなみに『関ヶ原』は360スクリーン)という大規模で、本国の公開から3ヶ月近く遅れて満を持して公開されたことを考えると、少々不甲斐ない数字でのスタートとなった。

『ワンダーウーマン』の製作は、今後の映画界にとって大きな試金石となるものだった。一つは、この10数年間ハリウッドを席巻してきたアメコミ・ヒーロー映画において、久々に製作された実写の女性ヒーロー作品であること。そしてもう一つは、それが初の女性監督による作品であったこと。過去には男性監督の手によって『スーパーガール』『キャットウーマン』などの作品も作られてきたが、批評面においても興行面においても惨敗。そんな負の歴史を覆して、パティ・ジェンキンス監督による『ワンダーウーマン』は批評的に大絶賛で迎えられて、世界各国で大ヒットを記録したことについては、DCのライバルであるマーベル・スタジオ社長ケヴィン・ファイギも大きな賛辞を送っている。

 今回の『ワンダーウーマン』のヒットによって、今後のアメコミ・ヒーロー映画の世界で間違いなく起こるとされているのは、女性ヒーローが主役となる作品の製作ラッシュだ。2019年には『キャプテン・マーベル』の公開が決定済み。さらに、『ワンダーウーマン』の続編はもちろんのこと、『スパイダーマン』に登場する女傭兵シルバー・セーブルと女怪盗ブラック・キャットを主人公にした『シルバー&ブラック』、『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クインを主役とする『ゴッサム・シティ・セイレーンズ』、『バットガール』などの企画が既に具体的に動いているとされている。

 『ワンダーウーマン』の世界的なメガヒットは、当然のようにワンダーウーマンもメイン・キャラクターの一人として登場する今年11月公開のDCエクステンデッド・ユニバース作品『ジャスティス・リーグ』に向けての絶好の景気づけにもなったわけだが、日本での『ワンダーウーマン』の現状の成績からは、同じような相乗効果が期待できるかは未知数だ。しかし、もっと不安なのは3ヶ月後の『ジャスティス・リーグ』への日本と海外の温度差ではなく、2019年以降に次々に公開されるであろう女性ヒーロー作品が、日本でどのように受け入れられていくかということ。

 今回の『ワンダーウーマン』の国内での宣伝方法に関しては、作品のメッセージとは真逆の内容の日本版テーマソングなどを筆頭に、映画ファンから様々な批判の声も上がった。単純に「女性ヒーロー作品が当たらない国は社会的に遅れている」とするのはあまりにも乱暴(日本にもアニメ作品では同性の子供たちから長年支持されてきた女性ヒーローのシリーズはある)だが、女性ヒーロー作品、中でも女性監督作品が、アメコミ・ヒーロー作品における今後の大きなトレンドとなることは間違いない以上、日本の配給会社には新たな宣伝の方法や戦略が必要とされているのではないだろうか。(宇野維正)