ライバル国のDFが語った日本の弱点とは【写真:Getty Images】

写真拡大

W杯最終予選で激突、横浜FMデゲネクはなぜ日本のホームを怖がらないのか

 サッカー日本代表は31日、ロシア・ワールドカップ(W杯)最終予選・オーストラリア戦(埼玉)を迎える。ホームで最大のライバルを迎え撃つが、相手の豪州代表選手は「スタジアムのチケットが売り切れても、それは脅威にはなりえない」と課題を指摘している。UAE紙「The National」、英紙「フォー・フォー・トゥー」などが報じた。

 勝てばW杯出場決定、負ければ予選敗退の危機に瀕する大一番。ホームで勝ち点3が欲しい日本は得点を奪いにかかりたいが、豪州の最終ラインに立ちはだかるDFデゲネクは、日本の弱点を指摘している。記事によると、今季から横浜FMに加入した23歳はこう語ったという。

「彼らは、『やるか、やられるか』という強い思いでこの試合に臨んでくる。ホームで決めるというプレッシャーを抱えてね。我々もサウジアラビア戦に持ち越したくないから、ここで決める必要がある。ただ、彼らはそのようなプレッシャーに対してベストな対処をしきれない傾向にある」

 日本の重圧に対する弱さを分析した上で「だから、何かが起こり得るんだ。楽しみだね」と不敵に話した。さらに、日本のメディアに対しても問題点があるという。

「僕は見当違いなことだと思っている」…実際に感じる日本メディアの問題点

「試合が終わった後、いつも日本のメディアは『フィジカルに対しどのように対処するか、どのくらいオーストラリアはロングボールを蹴ってくるか、どうやってヘディングに競り勝ちセットプレーをしのぐか』などの議論を白熱させているが、僕は見当違いなことだと思っている」

「要するに、それが日本がオーストラリアのサッカーに抱いている印象ということだ」と話しながら、サッカーは日々変化していることを強調する。

「実際、それは変わってきていることだ。ジョシュ・ケネディ(元名古屋)がプレーしていた頃とは違ってね。我々には180センチを超える大柄な選手が多いため、フィジカルを使ってヘディングで攻めてくると思われているが、それは日本のメディアによる印象操作に過ぎない。そして、それを恐れているのだろう」

 ただし、今回は敵地の埼玉スタジアムに乗り込んでの試合。当然、アウェーのハンデもあると予想されるが、しかし、日本にとっては小さいものだと豪語する。

日本人サポーターは脅威にならない? 「選手を脅すようなサポーターはいない」

「スタジアムもチケットが売り切れていることもあり、素晴らしい雰囲気となるだろう。だが、それは脅威にはなりえないんだ」

 その理由について、他の国とのサポーターの性質の違いにあるとみている。

「これまで戦ってきた他国の方がずっと敵対してきたからね。サウジアラビア戦には帯同しなかったが、あそこは本当に敵対の姿勢が強かったらしい。日本では選手を脅すようなクレージーなサポーターはいないと考えてピッチに立てるよ」

 このように息巻いたというデゲネク。敵国の弱点について持論を展開したが、果たして、日本はホームの利を生かし、豪州を圧倒できるのか。結末は埼玉スタジアムのピッチに出る。