画像提供:マイナビニュース

写真拡大

レクサスは31日、「GS」「GS F」を一部改良し、全国のレクサス店を通じて発売した。「GS」にトルセンLSDをオプション設定し、「GS F」では予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」の機能を拡充している。

今回の一部改良では、「GS」の「GS350」2WD車と「GS300h」、「GS300」の全車にトルセンLSDをオプション設定。これにより、トラクション性能を確保してコーナー立ち上がり時などの加速性能を向上したほか、減速時の安定性確保や悪路・雪道での優れた操縦安定性も実現した。また、レクサスのターボエンジン搭載ラインアップ充実に鑑み、「GS200t」の名称を「GS300」に変更している。

「GS F」では、予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」の機能を拡充。レーダークルーズコントロールへの全車速追従機能の追加とレーンキーピングアシストの採用によって運転支援機能を強化した。内装色に「ブラック&アクセントフレアレッド」を新たに加え、全5色の設定としている。

価格は、「GS300」が577万〜677万7,000円、「GS300h」が615万3,000〜716万円、「GS350」が643万〜764万8,000円、「GS450h」が742万8,000〜846万3,000円、「GS F」が1,112万円(価格はすべて税込)。