<WBA Sバンタム級予備検診>終始笑顔の両者、和やかに検診を受ける久保隼(右)と挑戦者のダニエル・ローマン

写真拡大

 クリーンファイトになりそうだ。WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ(9月3日、京都市・島津アリーナ京都)の予備検診が31日、神戸市内で行われた。初防衛戦になる王者の久保隼(27=真正)は同級2位の挑戦者、ダニエル・ローマン(27=米国)に対し、身長とリーチで10センチ上回った。

 初対面の両者は終始友好ムードだった。メイウェザーとマクレガーの一戦のような“場外戦”は皆無。ローマンは久保の第一印象を聞かれると「ナイスガイ!」と即答。王者も「インタビューなどを見ていて、まじめなボクサーだと思っていたけど、その通りの印象。仲良くなれると思った」と親近感を覚えていた。予備検診後に、自らが取材を受けている最中に「ローマン選手も、このあと取材ですよね。待たせてしまうのもよくないので」と、笑顔で取材スペースを挑戦者に譲った。

 一方、「童顔の暗殺者」の異名をとるローマンは、謎に包まれた“暗殺拳”の一部をチラリ。右構えをベースにしながらも「(左右を)スイッチできる。状況に応じてね」と、変幻自在の戦いを予告した。久保としては体格差を生かして、自分の距離で試合を有利に進めたいところだ。