ターメリックドリンク(文中紹介製品は左)

写真拡大

真夏に日本を訪れる米国人の多くは、暑さではなく湿度に体が参ってしまうと聞いたことがあります。日本で生まれ育った私はその湿気に慣れているはずなのに、2017年7月の里帰り時、日本の猛暑にバテてしまい、栄養ドリンク剤に頼る日々でした。

日本で働いていた時から愛飲している女性向けの栄養ドリンク剤は、今でも日本で人気。女性の体に不足しがちな鉄分、ビタミンBなどが入っているのが、女性の心をつかむのでしょうね。日本滞在中も鉄分のサプリメントを摂(と)っていましたが、それだけでは解消しきれない疲れを感じる時はすぐに栄養ドリンクを飲みました。飲むとすぐに元気になれる気がするので、手軽でありがたい存在です。実は米国で、似たような製品を見つけました。

味にも香りにもかなり癖がある

以前このコラムで紹介してきたサプリメントの中に、ドリンクタイプで販売され、手軽さが増しているものがありました。今回はその中で面白いものをふたつ紹介します。

まずは2017年5月12日付記事で紹介したウコン(ターメリック)のドリンク。これは、「Apple Cider Vinegar」(リンゴ酢。2016年6月12日付記事で紹介)をベースに、ターメリックと生姜、レモンや蜂蜜などが入っています。問題は味にも香りにもかなり癖があること。一本飲みきるのにかなり気合が必要です。

ターメリックの独特の苦さは、リンゴ酢で割っても消えていません(笑)。ただ構成成分を見ると、体の良いものばかり。「良薬口に苦し、だ」と割り切るのがよいでしょう。実際に私が飲んだ後も、体がほてってきて、血のめぐりが良くなり、元気になると感じました。低血圧の私の体には、かなり効果がありそうです。

私は風邪をひくと、日本の滋養強壮剤や韓国系の漢方系の栄養ドリンクを飲んで体力回復に努めるのですが、ターメリックドリンクも効果が望めるかもしれません。

ダイエットのときに積極的に飲んでいた

次は、スパークリングの「Probiotic」ドリンクです。2017年4月28日の当コラムで説明したように、Probioticは人体に良い影響を与える微生物(バクテリア)のことで、またそれを含む製品も指します。米国で身近なサプリの1つなので、製品が多いですが、最近の私のお気に入りがProbioticのスパークリング・ウォーターなのです。

一般的なスパークリング・ウォーターは満腹感を維持できるので、私は特にダイエットのときに積極的に飲んでいました。最近は加齢とともに新陳代謝が悪くなり、以前より体重を気にするようになったため、スパークリング・ウォーターを買い置きして、お菓子を食べたくなったときによく飲んでいます。お酒の代わりとしても、ダイエットには効果的だと思います。そのスパークリング・ウォーターが、免疫力アップを期待できるProbiotic入りで、かつカロリーも低めとなると、つい買ってしまいます。

「KEVITA」ブランドの製品は、複数の異なる味(フレーバー)がありますが、流行に敏感な日本人が好んで飲みそうなのは、「Strawberry Acai Coconut」(イチゴ、アサイー、ココナッツ)でしょう。ちなみにこれにもリンゴ酢が入っています。

●筆者プロフィル
北雨利香。南カリフォルニア在住。2児の母。40歳をこえた途端に、定期健康診断で毎回のようにひっかかり、医者にサプリを飲むよう指導される。興味のあることは美容、健康、子供の教育、米国プロスポーツ、ハリウッドゴシップ、トランプ大統領の政策。