フィリッペ・コウチーニョ【写真:Getty Images】

写真拡大

 ブラジル代表のチッチ監督は、FWフィリッペ・コウチーニョが希望している場所へ行くことを望んでいる。記者会見の模様をブラジルメディア『UOL』などが伝えた。

 コウチーニョは今夏、バルセロナへの移籍が話題になっている。選手本人はバルセロナへの移籍が実現することを願っているが、リバプールはバルセロナからのオファーを断り続けているところだ。

 チッチ監督はコウチーニョの状況について問われると、「私が興味を持つのはピッチ上でのことだ」と返答。「ただ、自分が幸せなところにいた方が良いということは伝えたよ」と話した。

「移籍するなら、彼に影響がある。新しいチームに適応する時間が必要だからね。選手は人間であり、いろいろな影響を受けるものだ。どういった影響があるかは分からない。それは人それぞれだからね。リバプール残留が決まれば私はうれしいし、バルセロナへの移籍が決まるならそれもまたうれしいことだ」

 リバプールではコンディションの問題で欠場が続いているコウチーニョは、ブラジル代表で問題なく練習に参加しているという。コウチーニョは望む場所へ行けるのだろうか。

text by 編集部