5歳までが重要!「あれダメ!」「これダメ!」が子どもの可能性をつぶしてしまう理由

写真拡大

子どもに口癖のように言ってしまうのが「もうやめて!」「それはダメ!」という言葉。

園に預けると子どもがギャン泣き…別れ際のママのNG行動4つ

おもちゃ箱のおもちゃをひっくり返し、部屋中を散らかしてしまったり、ティッシュペーパーを箱から次々と引っ張り出したりしている姿を見ると、思わず「ダメ!」という言葉が出てしまうものです。

しかし、その口癖のように言ってしまっている言葉が、子どもの可能性をつぶしてしまうかもしれないと聞いたら頭ごなしに「ダメ!」と叱れるでしょうか。

脳科学者である茂木健一郎さんも「ダメ」という言葉は「子どもの可能性を見つける『宝探し』という観点においては、決しておすすめできない」と言っています。

なぜ「ダメ」という言葉が、子どもにとってよくないのでしょうか。

今回は、茂木健一郎さんの著書『5歳までにやっておきたい 本当にかしこい脳の育て方』を参考に、「やめて!」「ダメ!」が子どもの可能性をつぶしてしまう理由と、子どもの可能性を見つけ出し「脳の土台」を作るために親が心がけたいことについてお伝えします。

5歳までは「学びの黄金期」!

0歳から2歳くらいの赤ちゃんに見られる不思議な行動と言えば、おもちゃ箱をあさりながら、おもちゃを次から次へと出すだけ出して結局は遊ばないという行動。そして本棚から全ての本を出して、開こうともせず積み木のように積むだけ積んでおしまい、といった行動。

どちらもママから見れば部屋を散らかすだけの行動にしか見えず、思わずイラっとしてしまいますが、子どもにとっては決して無駄ではなく、自分が置かれた環境を探索するという「意味のある行動」なのです。

子どもは自分の置かれた環境下で可能性を感じれば、すぐに試してみたくなります。ですから先ほどの本を積み上げる行動も、どのくらいの高さまで積み上がるのかを試しているということになるのでしょう。

それはまさしく子どもの脳がぐんぐん発達している証拠であり、5歳まではそういった行動が多い「学びの黄金期」だと脳科学者である茂木さんも言います。

「ああ、この子は今、脳が成長している時なんだ」と見方を変えれば、ママのイライラも少しはなくなるのではないでしょうか。

人間の脳は5歳までに出来上がる!?

5歳までの子どもは「学びの黄金期」であり、日々の出来事すべてにドキドキ、ワクワクを感じています。

このドキドキ、ワクワク体験は子どもの脳にドーパミンという物質を分泌させ、特に楽しいことを経験した時は出やすいと言われています。そのため、楽しいことに熱中しているとドーパミンはよりたくさん出るため、人間を意欲的にすると言われているのです。

この意欲こそが、子どもの「集中力」や「創造力」を育て、「脳の土台」を作り上げると茂木さんは言います。

また、茂木さんは「人間の脳は5歳までに出来上がる」とも言っていることから、5歳までは色々なことに興味を持たせ、興味を持ったことに対して最後まで集中してやり遂げられるような「脳の土台」を作るための環境が必要だと言えますね。

「やめて!」「ダメ!」は子どもの可能性をつぶす?

5歳までの学びの黄金期は子どもの脳がぐんぐん成長するため、脳の土台を作る上で重要な時期だということが分かりましたが、そのような大切な時期に「やめて!」「ダメ!」を言われ続けると、子どもの「やる気」は簡単に失われてしまいます。

その結果、何に対しても興味が持てない子になってしまい、さらには自立心が乏しく、自発性に欠ける子どもになってしまう可能性があるため注意が必要だと茂木さんは言います。

小学生が「塾へ行きたい!」「英語を学びたい」と言うのは、子どもに意欲があるからです。そのような時に「ダメ!」と言われれば、一気にやる気が喪失しますし、もう二度と挑戦するもんか!という気持ちにもなってしまいます。

それと同じで、0歳から5歳くらいの子どもに対しても、意欲ある行動をしている時は、頭ごなしに「ダメ!」は避けたいものです。

子どもに意欲がある時の「ダメ!」は、自立心や自発性にも影響します。それはつまり子どもの可能性をつぶしてしまうも同然ですから注意が必要ですね。

「脳の土台」を作るために親が心がけたいこと

子どもの「脳の土台」を作るために親が心がけたいことは「子どもの邪魔をしない」ということと、「子どもにとっての安全基地になる」ことだそうです。

子どもの邪魔をしない!

子どもの脳の土台作りのためには、「やりたい」「学びたい」を「ダメ!」で止めてしまうのではなく、危険を伴うことでない限り、出来るだけ見守って観察してほしい、と茂木さんは言います。

やる気を止めてしまわないことが、子どもの可能性という「宝」を見つけることにもつながるのです。

子どもの可能性を知らず知らずのうちにつぶしてしまうことがないよう、親として意識したいですね。

子どもにとっての「安全基地」になる

忙しい時にすり寄ってきて「一緒に遊ぼうよ」「ママこれ読んで」とまとわりついてくる子どもにイライラするママは少なくありません。

忙しいとウザったくも感じますが、実はこのような行動は子どもにとっては重要な「安全基地」と呼ばれる愛着行動なのです。

安全基地とは、子どもが親に体を預けて心を安定させるための行動で、親に心のよりどころを求める「心の安全基地」の意味を持ちます。

いつでも戻れる、安心できる場所、つまり親の存在があるからこそ、子どもは外の世界へ飛び出し、冒険できるというものです。

ですから「心の安全基地」は子どもにとって重要な役割を果たしますから、親としては提供してあげたいですよね。

このように、子どもの可能性を見つけ出し、「脳の土台」を作る上で重要なのが、学びの黄金期である0歳から5歳の時期に子どもの「やりたい!」を「ダメ!」でつぶしてしまわないことです。

子どものやる気を尊重して静かに見守り、子どもにとっての安全基地を提供してあげることこそ、親として心掛けるべきことだと言えます。

子どもの脳の土台づくりにおいて必要なのは、たくさんの習い事に通わせたり、厳しいしつけをしたりすることではありません。

何かひとつでも興味あることを見つけ出し、集中してやり遂げられるよう、親がサポートすることです。

思わず「ダメ!」と言ってしまいそうになった時、「脳の土台」を思い出してみませんか。