画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●今の子どもたちに必要な教育とは?

スマホやタブレットといったデジタルデバイスの普及、2020年から小学校で導入されるプログラミング教育……そんな背景もあり、今ママたちの間で関心が高まっているのが"子どもへのデジタル教育"である。ところが、「子どもにスマホを使わせるのは抵抗ある」「何を教えていいのかわからない」と、漠然と不安や悩みを抱えている人も多いだろう。

そこで、今年6月に刊行された『AI世代のデジタル教育 6歳までにきたえておきたい能力55』(河出書房新社)の著者であり、明治大学で教鞭をとる工学博士ママの五十嵐悠紀先生に"今、子どもに教えるべきことは何か"を聞いた。

○今、子どもの教育の在り方、求められる能力が変わってきている

Q.まず初めに、同書をご執筆された背景について教えてください。

近年、小学校ではICT(情報通信技術)教育といってタブレット端子やデジタル黒板といったデジタルデバイスを導入した授業が行われていますし、2020年からはプログラミングに関する教育も始まります。「子どもに習わせたい習い事」ランキングでもプログラミングが上位に入っていることからもわかりますが、今ママたちの間で"デジタル教育"はとても関心度が高い分野だと言えます。

でも実は、小学校に入る前から、今の多くの子どもたちはすでにデジタルデバイスをスムーズに使うことができるようになっているんです。私も子どもが3人いるのですが、周囲のママたちからも「うちの子は写真を拡大できるよ」とか、子どもがデジタルデバイスに親しんでいることを聞きます。

ただ、それと同時に「家事をしているときに子どもにスマホでYouTubeを見せたら、それからず〜っと子どもがスマホ画面に夢中になってしまった」という話や、世間では"子どものスマホ依存"という言葉もよく聞かれます。子どもにスマホを与えたことに対し、多くのママたちが罪悪感を抱えてしまっているのです。

CG技術などデジタル分野を研究している私としては、それがとても残念なことに思えました。例えば家事をしている30分間、子どもにスマホを与える場合に、YouTubeを見せておくのとプログラミングが学べるようなアプリを使わせておくのでは、まったく意味が違います。そのように、"使い方を変えるだけでスマホが教育に変わる可能性がある"ということを、本を通じて伝えたいと思ったんです。

Q.世間では"子どもにスマホを見せることは良くない"と言われることも多いですが、先生は、子どもがどのようにスマホと向き合うべきだと考えますか?

スマホでも3Dプリンターでもドローンでも、何か新しい物が開発されたときには、肯定的な意見と否定的な悪い意見の両方が出てきます。その両方に向き合うことが必要だと思います。例えば、"夜にスマホを使うと目が冴えて睡眠が浅くなってしまう"というデメリットがあるならば、「使ってはダメ!」と言うのではなく「朝使うようにしよう」と使い方を変えればいい。そのように、いい面だけでなく悪い面もちゃんと認識しながら、うまく使っていくことが重要だと思います。

Q.今、子どもの教育の在り方が変わりつつあると聞きます。実際、現在の教育現場では、どのような能力が重要視されているのでしょうか?

研究をしているなかでも、大学で学生と接しているなかでも、文章をつくってその内容をプレゼンすること、自分の意見で周りの人を説得することなど、今までのような"受け取る力"だけでなく、"考えていく力"が重要視されています。

また、中学受験においても、10〜20年前と比べると、答案用紙が変わっているようです。これまでのような〇×や選択式ではなく、自分の考えを記入する記述式の欄が増えています。決まった答えを選ぶのではなく、子ども一人ひとりに考えさせて意見を述べさせること、答えに至るまでの過程で何を学ぶかが大切と考えられているのでしょう。

また、インターナショナルスクールに取材に行った際、デジタルデバイスを使った授業をしていたのですが、そこでは"ただデバイスを使うだけでなく、使ったうえで何ができるか"ということに着目していました。具体的には、デバイスを使って写真を撮り、その撮った写真を使ってみんなの前でプレゼンするのです。それによって、子どもたちの考える力やコミュニケーション能力を培っています。そのように、今までは休み時間に培っていたような能力が、現代の教育現場では重要視されているのです。

●プログラミングの勉強は誰でもできる

○プログラミングの勉強は誰でもできる

Q.本のタイトルにもあるように"6歳まで"をターゲットにした理由は何でしょうか?

世間のパパ・ママたちも幼児期の教育に対する関心が高いですし、何より6歳までの期間は家庭教育が中心の生活です。そんな家の中で「教育」をしようとすると、つい読み書きなど認知能力を伸ばすことをやりがちになってしまいますが、読み書きや計算は小学校に入れば他の子たちもすぐに追いついてくると言われています。

一方、考える力やコミュニケーションといった非認知能力はいくつになっても必要なことですし、6歳までに基礎をしっかりと築いてあげることが大切だと言われています。そんな、6歳までに始められることの中でどんなデジタルデバイスの使い方ができるかに注目してみました。

Q.「デジタル教育といっても、何をしたらいいかわからない」という人も多いと思いますが、どのようにデジタル世代の子どもの教育に向き合えばいいでしょうか?

"論理的思考を伸ばすためにはプログラミングしかない"って考えているママも多いのですが、それはすごくもったいないことです。実は、読書感想文を書くことも論理的思考につながります。本を読んで自分なりにどうまとめるかを考えることが論理的思考を鍛えることになるのです。

現在使われているプログラミング言語は、10年前になかったものも多いですし、さらに10年先には今の言語は通用しないかもしれません。なので、大事なのはプログラミング自体の勉強をすることではなく、プログラミングのもとになる思考力を鍛えることです。

6歳以下の子どもが思考力を鍛える……そう聞くと難しく感じる人も多いかも知れません。簡単に言うと、"物事を分解して、細かく分けて考えさせる"ことです。

例えば「ピアノの発表会の曲は何にする?」と聞かれると深く迷ってしまうかもしれませんが、「じゃあ、速い曲とゆっくりの曲ならどっちがいい?」と聞かれれば「速い曲がいい」などすんなり答えられるのではないでしょうか。すると「速い曲ならこの曲やあの曲がいいかな」と、結果的には曲を自分で考えて決めやすくなるのです。

Q.なるほど、そう考えればすごくわかりやすいですね。

子どもは、よく「お手伝いをしたい」と言ってきますが、頭ごなしに「危ないからあっちにいってて」と断ってしまうママも多いのではないでしょうか。でも、どの部分をできないと思うのか、お手伝いの中でできる部分はないか、と分解して考えることで6歳までの小さい子どもにもできるお手伝いが見えてきます。

例えば、食事の準備をする際に料理をのせたお皿を運ばせるのは危なくても、食器を並べるお手伝いは2歳でもできます。いつも使っているスプーンやお箸だけを入れたカトラリーケースを用意し、手渡すと、「これはお父さんの、これはお母さんの」って一生懸命に考えながら、テーブルに並べてくれます。

その間、料理を作ることもできますし、子どもの手伝いたいという意欲や考える力を育てることもできます。このように、難しく考えなくても日常シーンの中で非認知能力は育むことができるのです。

Q.本の中では55ものさまざまな能力の勉強方法が紹介されていますが、今のお話のようにデジタルだけでなく、アナログな勉強法が数多く取り上げられているのも印象的でした。

アナログをすっとばしてデジタルにいくのではなく、アナログの良さもデジタルの良さも取り入れながら教育することが大事だと思います。たくさんの選択肢の中に、デジタルも入れてみる、そんな気持ちで実践してみてもらいたく、アナログもデジタルも含めて様々な事例を挙げてあります。

「自分にデジタルの知識がないから子どもに教えられない」「逆にデジタルの知識がないからこそ、漠然と子どもにはデジタルの教育をやらせないとダメだと考えている」という人もいますが、"自分がわからなければ自分も子どもと一緒に勉強してみる"というのもいいと思います。

最近では、「スクラッチ・ジュニア」や「ビスケット」といった幼稚園児でもできるプログラミング言語も増えています。幼稚園児でもできる、ということはこれまでやったことのない親御さんも一緒に始められる、ということなんですよ。子どもが学びたい意欲を見せたら、ぜひ親子でチャレンジしてみてほしいです。

●工学博士ママが教えるオススメの勉強方法

○デジタル世代の子どもたちに教えたいこと

Q.最後に、本に掲載されている中からオススメの勉強方法を3つ教えてください。

【ショー・アンド・テル】

海外のキンダーガーデン(幼稚園)や日本のインターナショナルスクールでは、毎日のように取り入れられているアクティビティです。

やり方は、1人の子どもがクラスのみんなの前で、自分がみんなに見せたい物、それについて聞いて欲しい物を持っていき、それについて話すというものです。コミュニケーション力やプレゼン力を鍛えることができます。

ご家庭では、週末に家族全員が集まって、1人ずつ1週間の出来事を発表するようにしてみるといいと思います。

【アプリ「ピッケのつくるえほん」】

プログラミングを始めるならば、「スクラッチ・ジュニア」がオススメですが、とても有名なので知っている方も多いと思います。ですので、私からは自分だけの絵本がつくれるアプリを紹介したいと思います。デジタルえほんアワードを受賞したアプリでもあります。キャラクターを配置していくだけで場面を作成していくことができ、文字が入力できない小さい子どもは音声でお話を吹き込んでいくことができます。

絵本の中でストーリーを振り返っても良いし、印刷してはさみで切ってつくれば自分だけの本を作成することもできます。つくった本を読んでもらってショーアンドテルにつなげても良いですし、文字入力をしながら、ひらがなのお勉強につなげることもできるかも。お話をつくりながら、いろいろな創造力を育めると思います。

【親子一緒にさまざまな経験をする】

3つ挙げるならば、最後は親としての"心構え"を挙げたいと思います。

私が日記をつけていると、子どもも日記をつけると言い出しますし、私が嫌いな食べ物は、子どもが嫌いになることも多いです。つまり、良い意味でも悪い意味でも"親のフィルターを通した世界しか知らないのが低年齢児"だと思います。それを踏まえると、私は親の役割は、子どもに様々な体験をさせてあげられる環境づくりではないかと思っています。

例えば、家庭での料理を振り返ってみると、自分が苦手な食材を使った料理はなかなか食卓に出てこないのではないでしょうか? 6歳までの子どもたちは特に、親の整えた環境の中で過ごしています。親の選んだおもちゃで遊び、親が連れて行きたいと思った場所に連れて行ってもらう。

そのような、どこへ行って、何に触れて、何を食べて、どんな体験・経験をするか、を少し意識するだけで、子どもの教育になるだけでなく、親にとってもより子育てを楽しめる刺激になると思います。

ここまでお話させていただいたことは、計算や読み書きと違って、すぐ身につくものではありません。でも、私たちの世代とは違って、アナログとデジタルが自然に共存する環境で育った今の子どもたちは、私たちにはない独自の感性を持っているはずです。親は、そんな彼らが自由に発想を育めるような環境づくりを心がけるようにしたいですね。

※画像はイメージ

○筆者プロフィール: 五十嵐 悠紀(いがらし ゆき)

1982年生まれ。お茶の水女子大学理学部情報科学科卒業、東京大学大学院情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻修士課程修了、東京大学大学院工学系研究科先端学際工学専攻博士課程修了。博士(工学)。日本学術振興会特別研究員PD・RPD(筑波大学システム情報系)を経て、現在は明治大学総合数理学部先端メディアサイエンス学科専任講師。JSTさきがけ研究員、情報処理推進機構(IPA)未踏事業プロジェクトマネージャも務める一方、子どもを対象とするITを使ったワークショップの講師を務めるなど、アウトリーチ活動にも力を入れている。専門はコンピュータグラフィックスおよびユーザインタフェース。素人が自ら創造し楽しむことができるためのCG技術を研究している。2男1女の母。共著に『Computer Graphics Gems JPシリーズ』(株式会社ボーンデジタル)、藤代裕之編著『ソーシャルメディア論』(青弓社)がある。

○AI世代のデジタル教育 6歳までにきたえておきたい能力55(1,300円・税別/河出書房新社)

工学博士ママの著者が、プログラミングってどう教えればいいの? 論理的思考力はどう育てればいいの? といった、これからの世代の子どもたちに必要な能力の伸ばし方を解説。コミュニケーション力、立ち直る力、集中力、語学力……など、さまざまな能力の伸ばし方が家庭教育をベースにわかりやすくまとめられている。