涙が出るほど痛いこむら返り

写真拡大

小林製薬は2017年8月30日、運動中に足がつった(こむら返り)時に、水なしでその場で素早く飲めるゼリータイプの改善薬「コムレケアゼリー」(第2類医薬品)を9月13日から発売すると発表した。

従来の飲み薬は錠剤タイプが中心だったため、その場ですぐに使えない不便さがあった。

原因は不明だが、神経伝達の不調で起こる「こむら返り」

同社の発表資料によると、近年、ランニングブームでマラソン大会に出場する人が急増した。フルマラソン(42キロ)では、30キロを過ぎたあたりからペースダウンし、足がつって動けなくなる「30キロの壁」が、完走を目指すランナーの大きな課題になっている。

こむら返りは、神経伝達の不調で起こる筋肉の強い収縮(けいれん)をいう。水分やエネルギー不足、筋肉の冷えや緊張など何らかの原因で、筋肉が脳の中枢神経に「どれくらい(筋肉組織が)伸びているか」を伝える仕組みに不調が起こると、必要以上に「収縮しなさい」という信号が出てしまう。その結果、ふくらはぎが過度に収縮してこむら返りが起こると考えられる。

「コムレケア」に配合されている芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)は、2種類の生薬 「芍薬」と「甘草」の働きで、筋肉組織細胞のイオンバランスを正常化し、過剰な神経伝達を遮断して筋肉の過剰な収縮を抑えるという。