女性の生理週間を軸にした新ブランド「エミリーウィーク」ベイクルーズから誕生

写真拡大

 ベイクルーズから、生理週間を軸とした4週間の女性のバイオリズムに沿った商品を提案する新ブランド「エミリーウィーク(EMILY WEEK)」が立ち上がった。社員に向けた新規事業提案コンテスト「スタートアップ キャンプ(STARTUP CAMP)」から誕生。9月15日から約2カ月間、南青山にコンセプトショップをオープンし、同日からオンラインストアで販売を開始する。
 エミリーウィークは、ホルモンバランスが大きく変化するターニングポイントである25歳〜30代女性がターゲット。オリジナルのデリケートパッドやアロマグッズを中心に、「シシフィーユ(sisiFILLE)」のオーガニックコットンナプキンをはじめ、フランスのデリケートゾーンケアブランド「WOMAN essentials」や日本初上陸の米国オーガニック下着ブランド「BROOKTHERE」、「ハニーアンドハーブ(HONEY&HARB)」が監修した女性向けハーブティーといったセレクト商品を展開する。
 ブランド名の「EMILY WEEK」は生理週間を表現。英語圏では一般的な名前である「EMILY」は、「よく働く」や「賛美する」などの意味合いがあり、「生理週間が毎日をがんばる女性を讃える週間となるように」という意味が込められている。