夢が叶った少年

写真拡大

アルゼンチン代表チームのモンテビデオにあるホテルへの到着は大きな話題を集めている。そして、もちろん最大の注目を集めたのはレオ・メッシである。FCバルセロナとアルゼンチン代表の10番であるメッシは11歳の少年ルチアーノ・ヴィエホの夢を叶えた。

このストーリーは、少年がモンテビデオのシェラトンホテルの入り口のセキュリティーをかいくぐったところからは始まる。ホテルに入ろうとするメッシにルチアーノが駆け寄るもセキュリティーにこれを阻止しされている。しかし、メッシは少年を近くに連れてくるように指示し、写真撮影を行いルチアーノの夢を叶えている。

ルチアーノはメッシに別れを告げる前に、手紙を渡している。そのあとメディアに向かってその経験について説明し「メッシはスアレスのように非常に謙虚な人だ」と写真を見せながら説明している。

また、ルチアーノの父親も「メッシはスターだ。写真を撮ってくれ、スアレスのように一般の人と同じである。両チーム共がワールドカップに行けることを願うよ」と語っている。ウルグアイとアルゼンチンは31日木曜日にモンテビデオでロシア・ワールドカップ南米予選において貴重な勝点3を求めて試合を行う。