コンビニの配送トラック運転手が月150時間の残業 過労死で労災認定

ざっくり言うと

  • 長野労働基準監督署は24日、トラック運転手の男性を過労死で労災認定した
  • コンビニへの配送業務に携わり、月に約150時間残業することもあったという
  • 男性は多忙で食事も満足に取れず、体重が激減するなど過労を訴えていたそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング