朝霞市の少女監禁事件 被告が裁判で不規則発言を連発、専門家の見解

ざっくり言うと

  • 朝霞市の少女監禁事件の被告が、29日の判決公判で不規則発言を連発した
  • 甲高い声で叫びながら入廷し、裁判長は判決言い渡しの延期を決定
  • 意図しない形で精神的な自己防衛を図る、詐病だったのではないかと精神科医

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング