突然の体調不良や怪我に、予定していたスケジュールが上手く運ばなくなった…そんな経験はありませんか?病気や怪我は薬剤によって治すことができますが、できるなら何もせず自分の力で治したいものですよね。免疫力を高めることは、病気や怪我に耐性をつけて治しやすくすることに繋がります。自力で体調を改善するために、免疫力の高め方について見ていきましょう。

温かい飲み物で免疫力を上げる

人の免疫力は体温に左右されていることがほとんどです。そのため温かい飲み物を飲んで体温を上げるのが、効率的で手軽な免疫力の上げ方ですね。おすすめなのは、紅茶にショウガを入れたジンジャーティーです。紅茶には体を温める作用が、ショウガには身体を温める作用と殺菌作用があります。ショウガの味が苦手ならハチミツをプラスしてもOK。シンプルに白湯を飲むのも、デトックス作用と一緒に身体を温められますからおすすめです。風邪や怪我に悩んでいるときは、ぜひ温かい飲み物で免疫力を上げましょう。

軽い運動を持続させる

あまりに激しい運動は身体を疲れさせ、免疫力を下げてしまうためおすすめできません。ですが軽い運動を毎日続けていれば、身体に疲労を溜め込まずに上手く免疫力を上げることができます。軽いウォーキングやジョギング、ストレッチなどがおすすめですね。通勤手段を自転車や徒歩に変えるなどして、無理なく日常生活に運動を取り入れてみてください。筋力がついて体温が上がり、免疫力もアップしますよ。

毎日しっかり湯船に浸かる

時間に余裕のない人や疲れて気力のない人だと、入浴はシャワーだけで済ませてしまうこともあるでしょう。ですが入浴はしっかり湯船にお湯を張ってじっくり身体を浸けてください。身体をお湯に浸けるだけで体温が上昇し、免疫力が上がります。熱すぎない温度に設定したお湯に、10分ほど浸かってみましょう。リラックス効果もありますから、身体の疲れやストレスを取ってより免疫力の高い身体をキープすることができますよ。

質の良い睡眠を十分にとる

睡眠はその日一日の疲れを取って自律神経を安定させるために欠かせない存在です。もし睡眠不足だと、疲労が取れず自律神経が乱れて免疫力低下を招いてしまいます。どんなに忙しくても、最低6時間は睡眠をとるようにしましょう。また、いくら眠れていても睡眠の質が浅ければ疲れもあまり取れません。眠る前にカフェインを摂取したり、寝苦しい格好や場所で眠ったりしないように注意してください。


writer:さじや