【ソウル聯合ニュース】韓国と日本の卓球実業団に所属する選手が実力を競い合う「2017年韓日実業団卓球定期戦」が、9月5〜6日に韓国南部の済州島で開催される。

 大会は1984年に始まり、現在は隔年で開催されている。両国が団体戦と個人戦を戦う。

 15年に北海道で行われた前回大会では韓国は日本に完敗しており、選手を率いる劉南奎(ユ・ナムギュ)総監督は「雪辱を果たす覚悟で各実業団のエースを選抜した」と話している。