いざ大会連覇へ!首位発進を決めたプラヤド・マークセン(写真は全英OP)(撮影:GettyImages)

写真拡大

<コマツオープン2017 初日◇31日◇小松カントリークラブ(6,373ヤード・パー72)>
本日31日(木)より3日間の日程で開幕した国内シニアツアー「コマツオープン」の初日。全選手がこの日の競技を終え、昨年覇者のプラヤド・マークセン(タイ)が尾崎直道、久保勝美、白浜育男と並び、4アンダー首位発進を決めている。

1打差5位タイには井戸木鴻樹、冨永浩、真板潔、渡辺司ら9人。1打差以内に13人がひしめく接戦模様となった。
3週連続優勝を狙う米山剛は1オーバー31位タイ。シニアルーキーの川岸良兼は3オーバー44位タイと出遅れている。
【初日の順位】
1位T:プラヤド・マークセン(-4)
1位T:尾崎直道(-4)
1位T:白浜育男(-4)
1位T:久保勝美(-4)
1位T:呂文徳(-4)
6位T:井戸木鴻樹(-3)
6位T:真板潔(-3)
6位T:清水洋一(-3)
6位T:冨永浩(-3)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>

コマツオープン2017 初日のリーダーボード
日本初開催の米シニアにワトソン、モンゴメリー、デーリーらが参戦
絶好調男・米山剛、5年前からのスイング改造が開花
【ツアーで見つけた旬ギアネタ】『RMX』の新作を藤田寛之がテスト。激写!
片山晃の新レッスン「50歳でなぜ250ヤード飛ばない?」