スペインで恒例のトマト祭り、今年は厳重な警戒敷かれる

写真拡大

[ブニョール(スペイン) 30日 ロイター] - スペインのバレンシア州ブニョールで30日、2万人以上の参加者が160トンの熟したトマトを投げ合う「トマト祭り」が開催された。

スペイン語で「トマティーナ」と呼ばれるこの祭りは、毎年8月最後の水曜日に行われる。国内外からの参加者がトマトまみれになって祭りを楽しんだ。

今年は、カタルーニャ州で16人が犠牲になった攻撃事件の後だけに、厳重な警戒が敷かれるなか行われた。

オーストラリアから来た祭りの参加者は「心配していない。多くの警備員がいてとても安全だと感じている」と述べた。

「ラ・トマティーナ」は1945年に始まったブニョールの伝統行事で、近年は世界にも広がっている。