あらゆる面で大きな影響を与えているFWネイマール【写真:Getty Images】

写真拡大

 今夏、パリ・サンジェルマン(以下PSG)への移籍を果たしたブラジル代表FWネイマールの影響力は絶大なようだ。仏紙『Les Echos』が伝えた。

 同紙によると、ネイマールの移籍後、8月のフランスの有料チャンネル『Canal+』の契約者数が前年の同月に比べて20%増加したという。同チャンネルでは、主にフランスリーグの試合が放送されている。

 さらには、ネイマールがPSGデビューを飾った13日のギャンガン戦では、125万人もの人が視聴していたようで、これは今年4月に行われたPSG対ニースの試合以来の数字であったという。

 2億2200万ユーロ(約290億円)という破格の金額での移籍だっただけに、ネイマールの影響力はあらゆる面で大きなものであるようだ。

text by 編集部