アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、MFグラニト・ジャカに見切りをつけたようだ。英『メトロ』が報じている。ボルシアMGから加入して、わずか1年。活躍をアピールすることはできずに早くも売却が検討されているようだ。

 アーセナルでは連日、複数選手を巡る移籍の噂が絶えず。MFアレックス・オクスレード・チェンバレンはリバプールへの移籍が合意に達したと報じられたほか、FWアレクシス・サンチェスはマンチェスター・シティへの移籍がささやかれている。

 これらの移籍が実現すれば、アーセナルには大金が舞い込むことになり、ファンの求めるビッグネームの獲得へ近づくことになりそうだ。加えて、アーセナルはパリSGのMFユリアン・ドラクスラーの獲得へ動いているとも言われている。

 リバプールに0-4で敗れ、「壊滅的だった」とチームを嘆いたベンゲル監督。新たな戦力を手にファンからの信頼を取り戻すことはできるのか。


●プレミアリーグ2017-18特集