“テーブルテニス”でも主役! ネイマールの技ありショットにブラジル代表同僚も唖然

写真拡大

D・アウベス、T・シウバ、マルセロとサッカーボールでの“卓球”に興じる

 国際Aマッチウィークに突入しているサッカー界は、各大陸で来年のロシア・ワールドカップ(W杯)出場権獲得に向けた戦いがクライマックスを迎えようとしている。

 そんななかで、今回最速で本大会出場を決めたブラジルは、エースFWネイマール(パリ・サンジェルマン)らがサッカーボールでの“テーブルテニス”に興じるなどリラックスムードに包まれている。

 ネイマールが自身のインスタグラムに投稿した動画には、セレソンのロッカールーム内での出来事が収録されている。円形のテーブルを挟んでネイマールとクラブでもチームメイトのDFダニエウ・アウベス、同じくPSGのDFチアゴ・シウバとDFマルセロ(レアル・マドリード)がそれぞれダブルスのような形をとり、楽しそうな声を上げる。そしてボールをテーブルに向かって蹴り、それをワンバウンドで拾って別の選手に向けてまた蹴る……といった風に、サッカーボールでの“卓球”を始めた。

 PSGでの連係の良さを発揮してか、アウベスが頭でパスしたボールをネイマールがボレーで“スマッシュ”してみたり、マルセロとチアゴ・シウバが肩と胸でボールを地面に落とさずにつなぎ続けるなど、スキルの高さを見せつけた。

意外性あふれるショットで本領発揮

 最後のシーンでは白熱のラリーが展開されたが、主役の座を持っていったのはやはりネイマール。アウベスが厳しい体勢から巧みにボールを出すと、ネイマールは太ももを使ってボールの角度を少しだけ変え、テーブルにワンバウンドさせる。この意外性あふれるショットにマルセロとチアゴ・シウバは反応できず、呆気にとられた表情を浮かべた。

 一方、試合を決めた形のネイマールはしてやったりの表情。この動画を紹介した英紙「デイリー・メール」も、「このゲームはボールタッチと反応スピードを磨くものだと言われている」とユーモアを交えて紹介している。PSG移籍後も大活躍を見せてノリに乗っているネイマール。“遊び”でも魅せるセレソンのエースは、代表戦でもその力を発揮するはずだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】ネイマールが公式インスタグラムで紹介したセレソンでの“テーブルテニス”

https://www.instagram.com/p/BYY9tqgjxJe/?hl=ja&taken-by=neymarjr

ネイマールが公式インスタグラムで紹介したセレソンでの“テーブルテニス”