毎日の習慣・歯磨きをスマートに

写真拡大

フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、充電式電動歯ブラシ「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」を、2017年9月1日に全国の家電量販店および通信販売などで発売する。

ブラシヘッドの交換時期をお知らせ

歯垢除去、歯ぐきケア、ステイン除去、舌ケア、それぞれに特化した4本のブラシヘッドがセット。マイクロチップを内蔵し、ハンドルに装着するとそれぞれに最適なモードと強さを自動的に設定し、目的に応じた最適なブラッシングを行える。

専用アプリ「Philips Sonicare」をインストールしたスマートフォンとBluetoothで連携。ハンドルに内蔵したスマートセンサーが歯磨きの癖をチェックし、上手なブラッシングを指導してくれるほか、毎日の歯磨きを記録し、1人1人のニーズに合わせたオーラルケアの方法とコツを知らせる。

ブラッシングの時間と圧力から、使用中のブラシヘッドの正しい交換タイミングを算出し、ハンドルに備えたライトが光って交換時期を通知。使用状況は「Philips Sonicare」アプリからも確認できる。

音波水流により磨きにくいところの歯垢まで除去。5つのモード、3つの強さ設定から選択できる。リチウムイオン電池を内蔵し、約24時間の充電で使用時間は約2週間(1日2回、2分間使用した場合)。付属のグラス型充電器、USB充電トラベルケースで充電できる。

ラインアップは、「HX9934」(カラーはホワイト、ブラック)、ブラシヘッドホルダーが付属する「HX9964」(カラーはルナーブルー)。

いずれも価格はオープン。