中国版バレンタインと呼ばれる「七夕」(旧暦の7月7日)を迎えた今月28日、北京・三里屯の路上に、スパイダーマンに扮した「シェア彼氏」が登場。

写真拡大

中国版バレンタインと呼ばれる「七夕」(旧暦の7月7日)を迎えた今月28日、北京・三里屯の路上に、スパイダーマンに扮した「シェア彼氏」が登場。QRコードをスキャンして料金を払うと、いろんなポーズで一緒に写真を撮ることができた。路上に立てられた看板には各サービスの料金が書かれていた。中国青年網が伝えた。

【その他の写真】

この「スパイダーマン」は、英語を織り交ぜながら話していた。料金を見ると、「手をつなぐ」が1回1元(約16円)、「ハグ」が1回3元(約50円)、「キス」が1回7元(約115円)となっており、さらに、「元カレの前で自慢する」というサービスもあり1回77元(約1270円)だった。ある女性が「手をつなぐ」を選ぶと、「スパイダーマン」は30秒ぐらい手を放さず、女性は「あなたの方が得してるでしょ」とツッコミを入れていた。 (提供/人民網日本語版・編集KN)