8月25日に米テキサス州に上陸した、ハリケーンのハービーは大規模な洪水を引き起こし、深刻な浸水被害を生んだ。すでに熱帯低気圧に変わっているが、州兵が派遣され救助活動が続いている。

それでもまだまだ救助を待つ人がいる中、ひとりの母親の姿が称賛の声を集めている。

「私のヒーロー」

現在はオクラホマ州で大学に通うAbby Fogartyさん。彼女は8月28日(日本時間)、洪水の被害を受けた地域で暮らす母親の姿をツイートした。

それがこちらだ。

「私のヒーロー」

「ママが当たり前みたいにボートで周囲の人たちを助けているんだって。写真の女性は、私のヒーローだよ」とAbbyさんは説明している。

写真を見てもわかるように、お母さんひとりで救出して回っているわけではないが、率先して近隣住民の安否確認を行っているようだ。

Abbyさんの母親は、テキサス州ヒューストンのリバー・オークスという地域で暮らしているとのこと。場所によっては4フィート(約1.2メートル)の高さまで浸水しているそうだ。

称賛の声が寄せられる

このツイートは、2日で2000件近いイイネを受けている。

また、「これがテキサスだ。この女性こそね。親切で寛大で、周りの人の安否を心から心配するんだ」「こんな風に私もなりたい」「ロックスターだ!」「神のご加護を」等、お母さんの行動への称賛の声も寄せられた。

「私の父もベルエアーで同じことをしている」との投稿もある。洪水被害に遭ったヒューストン周辺には、数多くのヒーローが活躍しているようだ。