ウェスト・ブロムウィッチへの期限付き移籍が決まったMFグジェゴシュ・クリホビアク【写真:Getty Images】

写真拡大

 ポーランド代表MFグジェゴシュ・クリホビアクのウェスト・ブロムウィッチへの1年の期限付き移籍が決まった。同クラブの公式サイトが発表した。

 昨季パリ・サンジェルマンで先発出場がわずか10回など、大きなインパクトを残せなかったクリホビアクは、今夏クラブが大金をはたいてバルセロナからネイマールを獲得したことにより、収支を合わせるための放出候補となっていた。

 チェルシーなど様々なクラブからのオファーが届いていた中、最終的に同クラブへの期限付き移籍を選んだクリホビアクは、クラブの公式サイトでその理由を明かしている。

 「スペインやイタリアからたくさんのオファーがあったが、このクラブにはとても野心があった。雰囲気もいいんだ」

 ウェスト・ブロムウィッチは、さらに今夏アーセナルからDFキーラン・ギブスを獲得するなど積極的な補強を行っている。

text by 編集部