プロの現場で培われた端正な音質を手軽に

写真拡大

補聴器および音響機器などを手がける須山歯研(千葉市)は、イヤホン「FitEar Universal」を2017年8月30日に発売する。

カスタムIEM「FitEar Custom」ベース

7月発売のカスタム・イン・イヤー・モニター「FitEar Custom」がベースで、耳型採取が不要のユニバーサルタイプモデル。

外耳道への干渉を抑えつつ「FitEar Custom」の「ミドルレッグシェル」同様の音導孔開放位置を得られるよう設計した新開発の「オーバルホーンステム」を採用し、装着時の痛みや違和感を抑える。

また音導孔開放部のホーン形状により高域減衰を抑え、カスタム設計時に想定した本来の遮蔽性と音質バランスを実現。アーティストやエンジニアなどプロフェッショナルユーザーからのフィードバックにより培われた、不要な強調のない端正な音質を手軽に楽しめるという。

コネクター形状は3.5ミリステレオミニプラグ。セミハードケース、ケーブルクリップ、クリーニングブラシ、サイズや形状の異なる4種類のイヤーチップが付属する。

価格はオープン。