画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●東池袋52が「@JAM EXPO 2017」に出演

セゾンカードで知られる株式会社クレディセゾンおよび関係会社の女性社員で結成された「東池袋52」が、8月26日に開催されたアイドルフェスティバル「@JAM EXPO 2017」に出演。横浜アリーナのステージで5月に発表されたデビューシングル「わたしセゾン」、さらにこの日が初披露となったセカンドシングル「なつセゾン」の2曲を披露した。

会場内には「セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」の入会受付ブースも設置され、ステージの前後には東池袋52のメンバーがチラシ配りを行なったほか、その場で申し込んだ人には、もれなく東池袋52のオリジナルQUOカードをプレゼント。また、カード発行後にも、もれなく100ポイントの永久不滅ポイント、さらに抽選で10名に東池袋52のサイン入りCDもプレゼントされる限定企画も行なわれた。

彼女たちが一般のステージに立つのは、8月12日に横浜タカシマヤとラゾーナ川崎で行なわれたフリーイベントに続いて2度目。今回は名だたるアイドルたちと同じ舞台に立ち、多くのアイドルファンが見つめるなかでのパフォーマンスとなったが、何度も大きな歓声が沸き起こるなど反応も上々で、今後のさらなる活躍に期待を抱かせるステージだった。

出演を終えた直後の東池袋52のメンバーから、田中毬菜氏と藤本栞菜氏の2名に感想をコメントしてもらった。

―― 横浜アリーナのステージに立った感想を教えてください。

田中「とても緊張していたのですが、みなさん温かく見守ってくださったので、自然と笑顔で踊らせていただくことができました」

藤本「前のほうにいた方々が、手で『S』の文字を作る振り付けを真似してくださったんです。それを見つけて私たちもパワーをいただくことができました。楽しかったです!」

●田中毬菜と藤本栞菜がコメント

―― どういう気持ちでステージに立っていたんですか?

田中「本当に『失礼致します』という気持ちで、みなさまの箸休めになれればいいなと思っていました」

―― 藤本さんは「出張扱いで来ました」というコメントで笑いを取ってましたね。

藤本「シーンとなってしまったらどうしようと思ったのですが、予想以上に笑っていただけてビックリしました(笑)」

―― 今日はセカンドシングル「なつセゾン」の初披露もありました。

藤本「夏らしくて、すごく元気になれて、ずっと聴いていても飽きない曲になっていると思うので、ぜひ多くの方に知っていただきたいです」

―― ステージの前後にはチラシ配りもされていました。

藤本「素通りされるかなと思っていたのですが、『東池袋52のために来ました』と言ってくださった方もいて、まさかそんなことを言っていただけると思っていなかったので、本当にうれしかったです」

―― 普通のアイドルとは違いますが、東池袋52をどんな目で見てほしいですか?

田中「年齢も少し上ですし、クオリティで劣る部分も多いと思うのですが、みんなで努力していきたいと思いますので、とにかく温かく見守っていただければうれしいです」

―― 今後の目標を教えてください。

田中「お客様にもっと認知していただいて、会社に貢献することが最終目標です。まずは私たちを通してセゾンカードを好きになっていただけたり、会社を活気づけるきっかけになればと思っております」

藤本「いつまで活動が続くかは正直わからないのですが(笑)、クレディセゾンって明るい会社なんだな、他の会社とはちょっと違うんだなという部分を知っていただければうれしいです」

●東池袋52の今後の動向は?

彼女たちの今後のイベント出演は、決まり次第随時公式サイトで発表されるとのこと。既にCD、ペンライト、タオルマフラーなどのグッズも制作されており、これらは同社のカード利用で貯まる永久不滅ポイントと交換できる。逆に言うと、現在のところ永久不滅ポイントとの交換以外では、東池袋52のグッズを手に入れることはできない。彼女たちを応援したい人は、クレディセゾン発行の永久不滅ポイント対象カードを手に入れて、できるだけ日々の支払いに利用しよう。

ちなみに永久不滅ポイント対象のカードは多数あるが、少しでも効率よくポイントを貯めたい人には「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」がオススメ。永久不滅ポイントは月間利用合計額1,000円につき1ポイントが基本だが、同カードなら国内利用時は1,000円につき1.5ポイント(端数は切り捨て)、海外利用時は1,000円につき2ポイントが貯まる。年会費は1万800円だが、対象空港でのラウンジサービスや帰国時手荷物無料宅配、対象日にパルコやLOFTで買い物をすると割引が適用される優待なども受けられる。

なお、9月30日までにWEBから申し込むと、新規入会で発行翌月に400ポイント、さらに入会翌々月までに5万円以上利用およびファミリーカード発行の条件を満たすと、発行から約3カ月後に1,600ポイントがもらえるキャンペーンも実施中。2,000ポイントあれば、現在ポイント交換できるグッズはすべて手に入れることができるので、ぜひこの機会を活用しよう。

(※クレジットカードの用語などは以下を参照)

『シーンで選ぶクレジットカード活用術 (1) 最低限知っておいてほしい基礎知識』

※本記事で紹介したサービス内容は、消費税率8%を前提とした更新日時点の情報です。また、各サービスには一部対象外となるケースがあります。ご利用の際は公式サイトなどで最新の情報をご確認ください。

<著者プロフィール>

タナカヒロシ(ライター・編集者)普段は音楽やエンタメ関係の仕事が多いが、過去に勤めていた会社の都合でクレジットカード本を作ったことをきっかけに、クレジットカード、電子マネー、ポイントなどに詳しくなる。以降、定期的にクレジットカードのムック本を編集・執筆。3月8日発売の『最強クレジットカードガイド2017 本当にトクするカードの選び方・使い方=写真=』(角川SSCムック)では、編集統括および記事の大部分を執筆している。