過去3大会のW杯予選にない緊迫感 豪州戦は「ジョホールバル以来の一大決戦」

写真拡大

日本代表を追うライター・戸塚氏が見届けてきた「W杯出場決定の瞬間」

 本当に久しぶりに、ヒリヒリとした一戦になる。

 ワクワクするような、それでいてドキドキもするシチュエーションは、少なくとも過去3大会のワールドカップ(W杯)アジア最終予選では味わっていないものである。

 イラン、バーレーン、北朝鮮と戦った2006年ドイツ大会の最終予選は、実質的にイランとの一騎打ちだった。05年6月、中立地バンコクで予選突破が決まるシチュエーションは特別だったが、対戦相手の北朝鮮にとっては消化試合であり、ホームで苦しめられた初戦での迫力は見当たらなかった。無観客試合でありながら、地元の関係者とその家族がメインスタンドに座る雰囲気も、大一番の緊張感とはひどくかけ離れていた記憶がある。

 南アフリカ行きを懸けた4年後の最終予選は、オーストラリア、バーレーン、カタール、ウズベキスタンと対戦した。これもまた、実質的には日本とオーストラリアが2強を形成していた。世界最速で予選突破を決めた09年6月のウズベキスタン戦に敗れていたとしても、まだ2試合を残していた。

 アルベルト・ザッケローニ監督の下でブラジルを目指した道のりも、日本は圧倒的優位な立場にいた。10年南アフリカ大会を経験した長谷部誠、本田圭佑、長友佑都、岡崎慎司、香川真司らが充実した時間を過ごしており、5試合を終えて4勝1分、勝ち点13を稼いだ時点でブラジルが視界に入っていた。

 予選突破の瞬間は劇的だった。13年6月、今回と同じくオーストラリアをホームに迎えた一戦で日本は0-1とリードを許した。迎えた後半アディショナルタイムにPKを獲得、本田がど真ん中にシュートを突き刺した一撃が埼玉スタジアムに熱狂を呼び込んだ。ただ、この試合にもし負けたとしても、日本にはまだ余裕があった。

誰もが限界に達するなかで臨んだイラン戦

 今回のオーストラリア戦に似ているのは、20年前のイラン戦だろう。

 マレー半島最南端のジョホールバルを舞台としたアジア第3代表決定戦は、一発勝負で行われた。勝者はフランスへ辿り着くことができるが、敗者はオーストラリアとの大陸間プレーオフに回らなければならない。それも、ホームの第1戦は6日後に、アウェーの第2戦はその1週間後に組まれていた。

 当時のオーストラリアとの力関係はほぼ互角だったが、2カ月以上に及ぶ最終予選を戦った選手たちは、心身ともに限界に達していた。主力選手のほとんどは、報道されない怪我や内科的疾患を抱えていた。決着のつく第2戦が敵地ということを考えても、プレーオフを勝ち抜くのは難しかっただろう。「イラン戦で絶対に決めたかった」という川口能活の思いは、選手全員に共通するものだったはずだ。

 オーストラリアとの決戦を控えるバヒド・ハリルホジッチ監督のチームも、「ホームで決める」という空気に包まれている。20年前にイランと戦ったチームとの違いがあれば、「経験」だろうか。

「W杯出場を決めた過去の試合と比較するのは難しいですが、経験のある選手がチームに落ち着きをもたらしてくれている」

 こう話すのは、キャプテンの長谷部だ。他でもない彼も、いつもと変わらない冷静さを漂わせていた。

 2017年8月31日のオーストラリア戦は、久しぶりにヒリヒリとした一戦になる。それでも、日本には苦境を乗り越えてきた「経験」があり、それがチームの遺伝子としてユニフォームに刻まれているのは確かだ。

【了】

戸塚 啓●文 text by Kei Totsuka

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images