テイラー・スウィフトの新曲MVが話題騒然

写真拡大

 テイラー・スウィフトの3年ぶり通算6枚目となるニューアルバム『レピュテーション』(11月10日発売)からの1stシングル「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ〜私にこんなマネ、させるなんて」のミュージックビデオ(MV)が27日に解禁となり、その衝撃的な内容に世界中が話題騒然。YouTubeで公開から24時間で2800万再生の記録を打ち立て、これまで1位だったアデルの「ハロー」(2770万回)を塗り替えて歴代1位に。30日時点で8000万回を突破した。

【動画】テイラーがゾンビに 衝撃シーン続々の新曲MV

 衝撃のMVに世界中のファンが驚きを隠せずにいる。冒頭、ゾンビに扮したテイラーが墓場から蘇り、過去にテイラーとひと悶着あったカニエ・ウエストやケイティ・ペリー、元恋人のカルヴィン・ハリスらに対するメッセージが込められていると思われるシーンが続出。さらには、2014年のMETガラの衣装を着た過去の自分をゾンビテイラーが埋葬する。

 また、これまでのMVやアワード、ツアー衣装を着た過去のテイラーが大量に登場し、山のように積み重なった頂点に今までのテイラーとは真逆のイメージの“新生テイラー・スウィフト”が立つアイコニックなシーンも。新生テイラーは電話越しに「昔のテイラーは今電話に出れないの。なぜって? 彼女はもう死んだから」と伝える。

 ラストシーンでは新生テイラーと過去のテイラーが一列に整列。「その驚いた顔やめてよ、超ムカつく」「いい子ちゃんぶるのやめて、あなたってホント偽善者よね」などとののしりあい、2009年のVMA受賞スピーチの時とまったく同じ衣装のテイラーが、昨年カニエとの騒動で話題となった「この話から私を除外してほしい」のせりふで締めくくる。

 同曲の音源は25日に世界同時配信され、97の国と地域で1位を獲得。Spotifyでは解禁日に史上初となる800万再生を突破し、これまでエド・シーラン「シェイプ・オブ・ユー」が保持していた687万回の記録を更新するなど、さまざまな記録を打ち立てている。