【詳細】他の写真はこちら

8月30日、映画『トリガール!』主題歌「空も飛べるはず」のシングルリリースを記念して、映画出演者の土屋太鳳、矢本悠馬、そして主題歌を担当する、ねごとが登壇するイベントが開催。雨ときどき曇りの天気にも関わらず、会場となった東京・池袋の野外スペースは、カッパを身にまとった観客でいっぱいとなった。

「こんにちは、ねごとです」と挨拶しながら、ねごとのメンバー4人がステージに登壇し、スピッツのカバー曲で本作の主題歌「空も飛べるはず」、挿入歌「ALL RIGHT」を披露。野外スペースに一気にライブハウスのような空気が漂い、観客らもリズムにあわせノリノリに。そして会場に大きな拍手が沸き起こった。

曲が始まったとたんに、ぽつぽつと降っていた雨も止み、MCから「誰か晴れ女はいますか?」と問われると「誰もいないです、太鳳ちゃんかも!」とメンバーが即答。さらに「風が吹き抜けているところで歌が歌えて、まるで空を飛んでいるようで気持ちよく歌えました」と笑顔でライブの感想を語った。

そして、「実は、裏で誰よりもノリノリ♪と楽しんでいたスペシャルゲストのおふたりをお呼びします!」という紹介とともに、本作の主演・鳥山ゆきな役の土屋太鳳、そして、TBT設計班の班長・古沢役の矢本悠馬が舞台に登場。会場には歓声があがった。

土屋は「あっ! 青空がみえますね? こんな秋の空を感じるような場所で皆さんとお会いできてうれしいです。本日は素敵なフライトを感じていただきたいです」と挨拶。続いて矢本は「本当に晴れてよかったです。ビショビショだったら、空飛べへんわ! と思ってましたので安心しました」とコメントした。さらに、MCから土屋太鳳の晴れ女疑惑(?)について質問が飛ぶと、土屋は「晴れ女ですね」と即答。自称・晴れ女を名乗り、会場には笑いが起こった。

ねごとによると、挿入歌「ALL RIGHT」は、映画の全貌がわかる、ほぼ完成された映像を観て手がけた楽曲とのこと。「とにかく、太鳳ちゃんのパワーが感じられる映画でした。また、主人公のゆきなの”前に進もう!!”という感じに引き込まれました」と語ったねごとに対し、土屋は「すごくうれしいです。私もねごとさんの歌を待ち望んで、ワクワクしていました。そして、面白い古沢をはじめ、みんなの気持ちが込められた映像に、ねごとさんの歌が入ったことで、さらなるパワーを感じました!」とコメント。

矢本は「俺の話はいいよ!」と速攻でツッコミつつ(会場に笑い)「古沢は、前編通してしゃくれながらふざけているので、みんなこの映画をみて泣けるかな? と不安な部分はありましたが(笑)、ねごとさんの曲でしっくりと感動も伝わることができてすごくよかったです!」と話し、土屋も「その感動のなかに、古沢がいることでスパイスになったと思います!」と笑顔で回答。登壇者一同が微笑みを浮かべた。

続いて、主題歌「空も飛べるはず」の歌詞は、本作の物語や劇中に登場する人物たちの心情を表しているということで、土屋は「本当に空を飛びたくなるくらい、背中を押すような素敵な曲ですよね。ゆきなは、TBTに出会うまで流されっぱなしで生きてきて、そういう部分はゆきなだけじゃなくて、きっと誰でもそういう部分があったかと思います。なのでそういうときに歌を聴きながら、最高に自由になる気分を味わえる歌詞だなと思いました」と語った。

また、挿入歌「ALL RIGHT」について「映画を観て、ゆきなちゃんが“前を向いて行く、大丈夫だよね”という意味を込めて作り上げました。実際、映画のなかでもいろんなことを飛び越えていたし、飛び方をきっと知っているはず! という気持ちを込めました」と、ねごとが曲に込めた思いを語ると、土屋は「きっと、ゆきなちゃんが聞きたい言葉だと思います。“大丈夫だよ”と。今の話で泣きそうになりました。映画では、矢本くんが演じるサークルの仲間や、ここにはいないですが(間宮)祥太朗、(高杉)真宙くんらが演じるパイロット班の仲間たちとの絆が、ゆきなを育ててくれて、背中を押してくれる素敵な曲だなと思いました」とコメント。

また、背中を押してくれるということにちなみ、“この出会いに救われた”といった経験について矢本は「東京に来て初めて知り合って仲良くなったのが、本作で坂場を演じる、間宮祥太朗です」と明らかにし、「実は、明日、誕生日なので、朝も(間宮から)連絡が入り、いち早く祝ってあげたいから、スケジュール空けとけ! と言われました(笑)」と告白! すると「ラブラブ」と土屋が横でニヤリ。会場にも笑いが起こった。

そして、“チーム『トリガール!』”と、ねごとが共に主題歌「空も飛べるはず」を大合唱することになり、土屋、矢本と共に、本編で一緒に鳥人間コンテストに挑んだ仲間たちが登場。また、本作のモデルになった、芝浦工大、本物のTBTのメンバーも登場し登壇者一同が「空も飛べるはず」を合唱!

土屋は「去年も、今年も撮影現場とコンテストのプラットフォームの上で一緒に喜んでいたTBTの皆さんと歌って、胸がいっぱいです」と笑顔でコメントし、会場に集まっている観客らも参加しての大合唱は終了した。

最後、「めっちゃ気持ちよかったです!」と興奮気味に感想を語る矢本、そして、「ねごとさんと、悠馬くんと、会場の皆さんと一緒に歌えたことが本当に幸せでした。もう〜飛べそう!」という土屋のコメントに会場は大きな拍手が! そして、晴れ女の土屋太鳳の退場と共にどしゃぶりの雨がふりはじめ、興奮の中イベントは終了した。

映画『トリガール!』は、人力飛行サークルを舞台にした、青春エンターテインメント。『100回泣くこと』などで知られる人気作家の中村航が、母校・芝浦工業大学の人力飛行サークル“Team Birdman Trial”(以下、TBT)をモデルに描いた青春部活小説『トリガール!』を、大ヒット映画『ヒロイン失格』の英勉監督のもと映画化。土屋太鳳が新境地となる“毒舌女子大生”を演じたことに加え、間宮祥太朗&高杉真宙、池田エライザ、ナダル、矢本悠馬という、今最も勢いのある若手キャストを迎えて贈る、空飛ぶ青春エンターテインメントだ。

映画情報



『トリガール!』

9月1日(金)TOHOシネマズ新宿 ほか全国ロードショー

出演:土屋太鳳、間宮祥太朗、高杉真宙、池田エライザ、ナダル、矢本悠馬 ほか

監督:英勉(『ハンサム★スーツ』『高校デビュー』『ヒロイン失格』ほか)

原作:中村航(『100回泣くこと』『デビクロくんの恋と魔法』ほか)

主題歌 「空も飛べるはず」 / 挿入歌 「ALL RIGHT」:ねごと

配給・宣伝:ショウゲート

制作プロダクション:ダブ

(C)2017「トリガール!」製作委員会

ねごと OFFICIAL WEBSITE

http://www.negoto.com/

映画『トリガール!』作品サイト

http://torigirl-movie.com