グレートデンの飼い方は性格を知ることから

グレートデンの飼い方で気を付けることは、まず性格を把握することです。グレートデンの人気の理由として、とにかく人が好きな上に優しい気質を持っていますので、子供や他の動物に対しても努めて誠実に触れ合ってくれることが挙げられます。

また、体が全犬種の中でも最大と言っていい程の大きさを有している割に甘え上手なところがあり、一人で過ごすよりも家族でいることを好みます。いつも誰かのそばで過ごしたいという愛らしい一面が、多くの人の心をつかんで離さないのです。

もうひとつの魅力は賢いということ。これはしつけを教える点で有利となりますが、グレートデンの飼い方の中でも重要なポイントになります。

グレートデンの性格は、おっとりしていて警戒心の強い気質ではありませんが、大きさが小馬ようで成犬になってから指示を聞かないようでは、制御できないために大変なことになりかねません。万が一のことを考えて、まだ子犬の段階からしっかりとしつけて飼い主の責任の上で、管理ができるようにしましょう。

グレートデンの飼い方で肝心なのはしつけなので、万が一不安を感じるようでしたら、専門のトレーナーに相談してみるのもひとつの方法といえます。

グレートデンの飼い方で大切なのは、制御できるしつけ

グレートデンの飼い方でやはり肝心なのが「しつけ」です。性格的には人を襲うような気の荒さがなく温厚で優しいのですが、忘れてはならないのが「体の大きさと力の強さ」でしょう。

もし子犬のうちからしつけを一切行わずに好きなように行動をさせていたら、大きくなった時に大切な指示すら聞かなくなって、行動を抑制することが極めて難しくなります。

例えば、公園でグレートデンと遊んでいる時に周りに小さい子供や力の弱い高齢者などがいた場合、接触しそうになったために「待て」と言っても反応しなければ大きなけがにつながってしまう恐れがあるのです。しつけはそういった危険を回避するためにも重要です。グレートデンの飼い方に取り入れなければならないことの最重要項目でしょう。

グレートデンのしつけ

まず、子犬のうちから基本的な、「待て」「伏せ」「お座り」「(自分の横に)付け」といったことを学ばせるために毎日の日課としますが、まずは短い時間で構いません。

あとは、子犬にありがちな「噛み癖」への対応も必要です。良くない行動を取った時に大切なのが、「その行動を取った時点でダメだということを教える」ことですが、時間をかけて丁寧に教え込む根気が必要です。何か噛んではいけないものを噛んでいたら、その場で「ダメ」ということを伝えます。決して感情で怒ってはいけません。あくまでも冷静に対応しましょう。

きちんと指示に従ったり、望ましい行動ができたりした時にはしっかりと褒めてあげます。その際にはオヤツなどのごほうびを与えるとさらにいいでしょう。時間をかけて行っていくことで、正しい行動を理解してくるはずです。グレートデンの飼い方でしつけは本当に重要なことですので、この点はしっかりと留意しましょう。

グレートデンの飼い方で気を付ける食事面

グレートデンの飼い方で気を付けるべきなのが、「食事」です。食事内容にも気を使う必要がありますが、実はグレートデンのような超大型犬ではそれ以外にも注意することがあるのです。それが「胃捻転」と呼ばれる、胃が捻じれる死に至る可能性もある疾患のことです。

実際のところ「これをすると胃捻転につながる恐れがある」と、明確に打ち出されてはいないのですが、普段できるだけ健康に気を使いたいと考えるのは飼っている家族にとって自然なことです。

グレートデンの飼い方として、日常の生活で胃を可能な限り大切にするために飼い主としてできることがいくつかあります。

まず、餌を食べる1時間前と食べた後の1時間は、できるだけ体を激しく動かさないように静かに過ごせるようにします。また、空腹状態で食べると勢いが付くことが多いので、子犬の時に時間をかけてエサを食べる習慣を身に付けさせます。それが結果的に胃の負担を緩和できるでしょう。

そして成犬になっても1日の必要摂取量を3回程に分けて食べさせます。お腹がパンパンになると胃に負担がかかる恐れがあるためです。そのような意識がグレートデンの飼い方には大切となりますので、愛犬の健康のために取り組みましょう。

グレートデンの飼い方に必要な運動

グレートデンの飼い方で健康面を考えた時に、切っても切り離せないのが「運動」です。目安としては、毎日1日2時間を2回くらいに分けて散歩などをさせます。

生まれてから10か月位だと骨は発達している途中段階のため、負担をかけないように激しい運動は控えるようにしましょう。あまり無理をさせると骨の形状などに支障をきたす恐れがあるためです。成犬であればストレスにならないようにしっかりと時間を取って運動させます。歩くだけでなく少し小走りをするなど毎日の散歩でも工夫しましょう。

グレートデンの飼い方として運動以外にも気を使うことがあります。それは外で飼うには向いていないということです。縮こまることなく足を伸ばして過ごすことのできるスペースのある室内の部屋にベッドなどを設置してあげましょう。しつけ、食事、運動はグレートデンの飼い方でもとても重要な要素なので、飼う前にしっかりと確認しておきましょう。

グレートデンの飼い方に関するまとめ

グレートデンの飼い方は決して難しいものではありませんが、飼い主の指示を聞けるようにしつけることがとても重要です。また、それ以外にも健康面を考えた食事管理や運動、生活環境を整えてあげると、グレートデンはリラックスした状態で過ごすことができるでしょう。