アレクサンドル・ドルゴポロフ【写真:Getty Images】

写真拡大

ウクライナ出身28歳ドルゴポロフ、今月の1回戦負けに疑い…不正監視団体が事情聴取

 男子テニス界では近年、八百長などスキャンダルが問題になっているが、2月に行われたアルゼンチン・オープン決勝で錦織圭(日清食品)を破ったウクライナ人選手に八百長疑惑が浮上した。英公共放送BBCが報じている。

 疑いが持ち上がったのは、世界ランク64位のアレクサンドル・ドルゴポロフだ。ウクライナ出身の28歳は、今月20日のウィンストンセラーム・オープン1回戦で同113位のチアゴ・モンテイロ(ブラジル)に3-6、3-6のストレート負けを喫していた。

 記事によると、この試合結果に関してブックメーカー数社が異常なオッズの変動を報告している。当時114位と格下のモンテイロが同63位のドルゴポロフより優位なオッズに移行。記事では、このオッズの動きが「あまりに劇的」だったため、テニスの不正監視団体「テニス・インタグニティ・ユニット(TIU)」から注意喚起が届いたとしている。

 そして、ドルゴポロフは故意に負けたのではないか、という疑惑が浮上した。

 試合時間わずか55分で敗れていたドルゴポロフは「自分は最高の努力をした。ベストなプレーではなかったが……」と話し、潔白を主張しているという。

 2012年には世界ランク13位まで駆け上がり、トップ10入り目前に迫ったこともある実力者。今年2月のアルゼンチン・オープン決勝では7-6、6-4で錦織の今季初優勝を阻んでいた。

SNSで脅迫&侮辱も…全米OP初戦突破の本人は潔白主張「自分は何も関与してない」

「何か証拠が見つかったのなら、その話をしようじゃないか。ただのベッティングのパターンだけで、本当に何もしていない人たちのイメージが傷つけられたり、いろいろ書かれたりすることは残念なんだ。自分がどう関係できるっていうんだ」

 記事によると、こう語ったドルゴポロフ。開催中の全米オープンでは1回戦に勝利しているが、TIUから事情聴取を受けたことを認めたという。

「TIUとは話をしたよ。彼らの仕事には敬意を払っている。必要な情報は全て提供した。自分は何も関与していないというのが現状なんだ」

 さらに「僕はソーシャルメディアをやっているが、この件で10以上のメッセージを削除しなければならなかった。なぜなら、私を脅し、家族を侮辱するような書き込みが寄せられているからだ」と脅迫を受けたことも明かしたという。

 テニス界では元295位の三橋淳が八百長関与により永久追放処分を受けるなど、八百長や試合結果に対するベッティングに対する厳罰を受けるケースが増えている。トップ選手の身にも疑いがかけられるほど、テニス界では重大な問題と発展している。