ウェスト・ブロムウィッチがギブスとクリホヴィアクの獲得を発表! 

写真拡大

 ウェスト・ブロムウィッチ(WBA)は30日、アーセナル所属のイングランド代表DFキーラン・ギブスとパリ・サンジェルマン所属のポーランド代表MFグジェゴシュ・クリホヴィアクの両選手を獲得したことを発表した。

 ギブスは1989年9月26日生まれの27歳。ウィンブルドンの下部組織からアーセナルの下部組織に移り、2006−07シーズンにトップチーム昇格を果たした。ギブスは昨シーズンのプレミアリーグでは11試合の出場に留まっており、今夏にアーセナルを退団することが確実視されていた。WBAとの契約は2021年までの4年間となっており、背番号は「3」を着用することが決定している。

 クリホヴィアクは1990年1月29日生まれの27歳。昨シーズンにセビージャからパリ・サンジェルマンに加入するも、豊富な選手層に阻まれ定位置を確保することができていなかった。クリホヴィアクは1年間のレンタル移籍でWBAに加入し、背番号は「20」となることが発表されている。