プリンスが一番好きだった色はパープルではなかった! 驚愕の事実が話題に

写真拡大

 プリンスと言えば紫。1982年の名盤『1999』やその2年後の『パープル・レイン』のジャケットの印象も強烈だが、10年前のライブを収録したアルバム『インディゴ・ナイツ』も紫一色だ。今年1月にSpotifyがプリンスの楽曲を配信をスタートする際に打ったバイラル・キャンペーンでも、紫一色に自社ロゴだけという広告で誰もがその意味を理解し、今月パントン社がプリンスをイメージした紫色、“Love Symbol #2”(ラヴ・シンボル・ナンバー2)を発表したばかりだ。

 ところが先日、プリンスの妹タイカ・ネルソンが英イブニング・スタンダード紙とのインタビューで、プリンスが一番好きだった色は実は紫ではなかったとコメントして話題になっている。

 2017年10月27日からロンドンで開催される初の公式巡回展覧会『マイ・ネイム・イズ・プリンス』で展示されるアイテムについて言及した彼女は、「わたしが素晴らしいと思っているのは彼のオレンジ色のクラウド・ギターね。不思議なんだけど、人は皆いつもプリンスと紫色を関連付けるけれど、彼が一番好きだった色は実はオレンジなのよ」とさらっと明かしている。

 にわかには信じられないだろうが、プリンスが亡くなるまでの10年間の画像を落ち着いて探してみると、タイカの言葉が事実だと分かる。2016年の【グラミー賞】ではメタリック・オレンジのチュニックで登場。伝説的な2007年のNFLスーパーボウル・ハーフタイム・ショーでは全身オレンジ色のスーツを着用しており、衣装替えをしてもオレンジ色のシャツはそのまま着ている。2006年のラスベガス常設公演でもオレンジのスーツを着てオレンジのギターを弾いており、2016年の【BETアワード】でも同じギターを弾いている。2012年の【iHeartRadioフェスティバル】でもオレンジ色を着用している。

 どうやら今後は認識を改めるしかないだろう。プリンスと言えばオレンジなのだ。