手塚治虫×冨田勲×初音ミク前代未聞のコラボAL、全曲試聴&クロスフェード動画公開

写真拡大

 9月6日にリリースされるコラボレーション・アルバム『初音ミク Sings“手塚治虫と冨田勲の音楽を生演奏で”』のクロスフェード動画が公開され、併せて全曲試聴も解禁された。

手犲C遏濾敕跳×初音ミク コラボ画像(全4枚)

 このアルバムは、手塚治虫の生誕90周年、冨田勲の生誕85周年、さらに初音ミクの歌声合成ソフトウェア発売から10周年を記念して企画された、異色のコラボレーションアルバム。ジャズピアニスト・佐藤允彦氏による生演奏をバックに、「リボンの騎士」や「ジャングル大帝」「どろろ」など、冨田勲×手塚治虫往年の楽曲を初音ミクや重音テトなどバーチャル・シンガーの歌声、さらにリアルなシンガーとのデュエットなどを織り交ぜながら展開する内容だ。

 さらに初音ミクは、歌のみならず、ナビゲーターとして全編にわたり語り手として登場。またアルバム最後に収録されているスペシャル・エンディング「全ての手塚作品へ敬意を。初音ミクより、ラップに乗せて」は、初音ミクがオフィシャルでは初めての“ラップ/ポエトリーリーディング(詩の朗読)”を披露している。今回公開されたクロスフェード動画では、初音ミクが登場し内容を紹介。アルバムに収録されているゲストとのトークシーンほか、ラップ部分のパフォーマンスシーンも収められている。

 そして、今回は通常盤とともに初回限定盤も同時リリース。初回限定盤では、アザージャケット5種や3種のイラスト缶バッジのほかに、アルバム収録トラックとは異なるアウトテイク音源2曲のダウンロードが可能となる。

※手塚治虫の“塚”の字は、正しくは旧字体(塚にヽのある字)


◎クロスフェード動画:
https://youtu.be/DlAytmc1IhA

◎リリース情報
『初音ミク Sings“手塚治虫と冨田勲の音楽を生演奏で”』
2017/09/06 RELEASE
<初回限定盤(グッズ付:豪華版)>
COCQ-85371 4,800円(tax out)
<通常盤>
COCQ-85372 3,000円(tax out)